ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年08月03日 06時49分 公開

小惑星リュウグウ 水は存在しない? 予想外の観測結果 極域などさらに探査へ (1/2)

探査機「はやぶさ2」による小惑星「リュウグウ」の観測状況をJAXAが発表。予想に反してリュウグウから水が見つかっていないことを明らかにした。

[産経新聞]
産経新聞

 探査機「はやぶさ2」による小惑星「リュウグウ」の観測状況を宇宙航空研究開発機構(JAXA)のチームが2日発表し、予想に反してリュウグウから水が見つかっていないことを明らかにした。

画像 小惑星探査機「はやぶさ2」の状況について会見するチーム=2日、東京都千代田区のJAXA東京事務所(草下健夫撮影)

 リュウグウには水を豊富に含む鉱物が存在するとされてきたが、はやぶさ2に搭載した赤外線センサーで地表の90%以上を観測した結果、水は検出されなかった。

 リュウグウの元となった天体に水を含む鉱物がなかったか、太陽光や隕石(いんせき)などの衝突による熱で蒸発した可能性があるという。

 チームの北里宏平・会津大准教授は会見で「未観測の南極、北極や地下に水が存在する可能性がある。さらに詳しく調べたい」と説明した。地下からの物質採取は来年春に行う見込みだ。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.