ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年08月03日 07時05分 公開

流出NEM事件、発生から半年 海外サーバ経由、通信記録欠損……犯人特定は高いハードル (1/3)

コインチェックが不正アクセスの被害を受け、約580億円相当NEMが流出した事件は発生から半年が経過した。警視庁は捜査を進めているが、通信が海外の複数のサーバを経由している上、一部の記録が欠損しているため、犯人特定は容易ではない。

[産経新聞]
産経新聞

 仮想通貨交換業者「コインチェック」(東京)が不正アクセスの被害を受け、約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件は発生から半年が経過した。警視庁は犯人特定に向けて不正アクセスの通信記録の解析を進めているが、通信が海外の複数のサーバーを経由している上、一部の記録が保存されず欠損しているため、捜査幹部が「前例がない」と称する事件の捜査は容易ではない。

画像

札束の写真と「サンキュー」

 「ネムをビットコインやライトコインと自動で交換できます」。2月上旬に突然、ドラッグや偽造品などの取引も行われる匿名性の高い「ダークウェブ」上に英語のサイトが出現した。犯人側が盗み出したネムを別の仮想通貨と交換するように持ちかけるため、このサイトを開設したとみられる。

 サイト上ではネムを相場より15%ほど割安で提供するとし、1カ月余りでほぼすべての交換が完了。画面には、犯人を特定できていない捜査の現状をあざ笑うかのように、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長をイメージしたとみられる人物が札束に囲まれたコラージュ写真と、「Thank you!!!」の文字が掲げられていた。その後、サイトはすべて消去されたとみられる。

 捜査関係者によると、犯人側は交換で得たビットコインなどを数億から数十億円分ごとに分け、インターネット上やパソコン端末上に作った複数の「電子財布」(ウォレット)に保管しているとみられる。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.