ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年08月21日 07時10分 公開

アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」ファンが今も静岡・沼津に殺到するヒミツ (1/3)

「ラブライブ!サンシャイン!!」で静岡県沼津市が沸き立っている。アニメキャラが大きくあしらわれたTシャツやグッズを身につけたファンが、市内の至るところを歩く姿も見慣れた光景に。アニメ放送開始から2年が経つが、飽きられるどころかますます人気に拍車が掛かっている。

[産経新聞]
産経新聞

 人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」で静岡県沼津市が沸き立っている。アニメに登場するキャラクターが大きくあしらわれたTシャツやグッズを身につけたファンが、市内の至るところを歩く姿も、もはや見慣れた光景となった。アニメ放送開始から2年が経つが、飽きられるどころかますます人気に拍車が掛かっている。なぜ沼津にファンが集まるのか、その背景に迫った。

ALT 巨大な横断幕が掲げられた仲見世商店街=5日、静岡県沼津市大手町(石原颯撮影)
ALT ファン主催のコンサートには約800人が詰めかけた(川島裕五さん提供)

 「ラブライブ!」は、部活動としてアイドル活動をする9人の女子高校生の奮闘を描くメディアミックス作品群。アニメのみならず演じる声優が行うライブやスマホゲームなど多面的に展開されるのが魅力だ。

 シリーズ2作目に当たる「ラブライブ!サンシャイン!!」は都内を舞台とした前作と打って変わり、沼津市、それも市街地から離れた小さな港町である内浦地区が舞台の中心だ。

 彼女たちが通う高校や主人公の家などのモデルは同地区に集約されており、現地を訪れれば、アニメで見たままの景色が広がる。

 週4回は訪れるという東京都北区の宮城光さん(21)は「富士山があり、海もある。自然が豊か」と魅力を語る。風光明媚(めいび)な町並みを写真に収めながら仲間とともに自転車で沼津を巡るという。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.