ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月04日 11時27分 公開

ホンダ、GMと自動運転で協業 無人ライドシェアを世界展開へ

ホンダとGeneral Motorsが自動運転の分野で協業する。ホンダがGM子会社に7億5000万ドルを出資。無人運転車の共同開発を進める。

[ITmedia]

 本田技研工業(ホンダ)は10月3日、米General Motors(GM)と自動運転の分野で協業すると発表した。無人運転車を共同開発し、ライドシェア事業のグローバル展開の可能性も視野に入れる。

photo GM Cruise Holdingsが開発している完全自動運転車

 ホンダは、GM子会社のGM Cruise Holdingsに7億5000万ドル(約850億円)を出資し、今後12年にわたり事業資金約20億ドル(約2280億円)を提供する予定だ。ホンダの倉石誠司副社長は「(GMは)無人ライドシェアや電動化など先進領域で業界をけん引している」とし、ホンダが得意とするデザイン・パッケージ、内外装の設計技術と合わせ、無人車両の開発を進めるとしている。

 Cruiseには、ソフトバンクグループも今年6月、Softbank Vision Fundを通じて22億5000万ドルを出資している

photo GMが開発中の自動運転車には、ステアリングホイールやペダルがない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.