ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月17日 09時40分 公開

インスタ投稿で「タダ寿司」ゲット ミラノで

Instagramへの投稿で、無料で寿司を食べられる店がミラノにある。ただし、10万フォロワー以上が必須だ。

[AP通信]

 イタリアのミラノにある寿司バーが新しい電子支払い方式を導入した。一部の領域では現金よりも価値の高い通貨によるものだ。

 「This Is Not A Sushi Bar」(ここは寿司バーではない)という寿司バーでは10万以上のフォロワーを持つInstagramユーザーには無料で食事を提供している。その代わり、そのインスタグラマーはこの寿司バーのハッシュタグと写真を含めたInstagram投稿をしなければならない。

 店主のマテオ・ピッタレロさんは、これによってミレニアル世代が上客になってくれ、「口コミ2.0でうちのブランドが強力なものとなりバイラルで広まる」と期待している。

 イタリアのファッションブロガーであるクリツィア・インコルヴァイアさんは20万のInstagramフォロワーを持っているおかげで10月16日、無料の寿司ランチをゲットした。

photo ファッションブロガーのクリツィア・インコルヴァイアが友人で歌手のヴィットリア・ハイドさんを撮影中(AP Photo/Luca Bruno)

 彼女は「軍艦巻きからタルタル巻きまでぜんぶ食べたけど、たしかにとても美味しかった」と話している。

photo クリツィア・インコルヴァイアが歌手のヴィットリア・ハイドさんと寿司を撮影(AP Photo/Luca Bruno)
photo 寿司バーで食事中のジュリア・テラノヴァさんとチアラ・ヴァレンツァノさん。この寿司バーはミラノで6番目の店舗だが、他の店舗とは異なり、インスタ投稿での支払いが可能だ(AP Photo/Luca Bruno)

Copyright The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.