ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年11月06日 07時17分 公開

280キロでGT-R運転、YouTubeに投稿 男を書類送検 スピード違反摘発の最高速度か

時速約280キロでスポーツカーを運転したとして、大阪府警城東署などは5日、道交法違反(速度超過)容疑で、大阪市城東区東中浜の無職男(35)を書類送検した。

[産経新聞]
産経新聞

 時速約280キロでスポーツカーを運転したとして、大阪府警城東署などは5日、道交法違反(速度超過)容疑で、大阪市城東区東中浜の無職男(35)を書類送検した。スピード違反の摘発では過去最高の速度とみられる。時速280キロは東海道新幹線のぞみの最高速度(時速285キロ)とほぼ同じ。

 城東署などによると、男は動画投稿サイト「ユーチューブ」に走行中の動画を公開。車は運転最高速度を制御する装置が外されていたという。男は容疑は認め、「車の性能を試すため、過去にも10回ほど同じようなことをして動画を上げた。みんなに見てほしかった」と供述。事故は起こしておらず、けが人はなかった。

 男が投稿したとみられる動画では、走り出してから20秒ほどで速度が280キロに達し、トンネル内を車やトラックを追い抜いていく様子が写っていた。車は日産自動車の「GT−R」とみられる。

 書類送検容疑は今年1月12日、大阪府東大阪市の自動車専用道路「第2阪奈道路」のトンネルで、法定速度の時速60キロを大幅に上回る約280キロで車を走らせたとしている。

 城東署によると今年5月下旬、府警のホームページに「危険な車両の動画が投稿されている」と匿名のメールが寄せられ、犯行が発覚した。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.