ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年11月07日 11時45分 公開

国際宇宙ステーションのコンピュータがダウン

ISSのコンピュータ3台のうち1台が故障。乗員に危険はない。

[AP通信]

 ロシア当局によれば、ISS(国際宇宙ステーション)のコンピュータのうち1台が動作不良を起こした。だが、このことにより乗員に危険は及ばないという。

 ロシアの宇宙企業ロスコスモスは11月6日、ISSのロシアモジュールに設置された3台のコンピュータのうち1台が停止したと発表。ロシアの管制側では8日に再起動する計画だ。

 ロスコスモスは、ISSに乗り組んでいるNASAのセリーナ・オナン=チャンセラー氏、ロシアのセルゲイ・プロコピエフ氏、ドイツのアレクサンダー・ゲルスト氏にコンピュータの問題による影響はないと強調している。他の2台で宇宙ステーションの動作は維持されるという。

photo ISSクルーの3人(Roscosmos via ITmedia)

 10月11日にはISSの新しいクルーとしてNASAのニック・ヘイグ氏、ロスコスモスのアレクセイ・オフチニン氏が送り込まれる予定だったが、ロシアのブースターロケットが問題を起こし、2分で脱出を余儀なくされた。

photo ソユーズ打ち上げ失敗のプレスリリース(Roscosmos via ITmedia)

 次のISSクルーを乗せたロケットは12月初めに打ち上げられる予定だ。

Copyright The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.