ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年01月08日 16時00分 公開

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月3日〜12月9日):ソニー「α7 III ボディ」がデジタル一眼ランキングに6位初登場 (1/2)

トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が19週連続。6位にソニーのフルサイズミラーレス一眼「α III ボディ」が初ランクイン。

[佐々木千之,ITmedia]

 キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が連続1位を19週に伸ばした。2位は4週連続でキヤノン「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」。3位もキヤノンで「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」(前回4位)が入った。

 デジタル一眼ランキングは、2週続いてキヤノン勢のトップ3独占を阻んでいたオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」(前回3位)が5位に後退し、またもキヤノン勢のトップ3独占状態となった。4位には1つ順位を上げたニコン「D5600 ダブルズームキット」(前回5位)が入っている。今回の注目は6位初ランクインのソニー「α7 III ボディ」だ。同機は2018年3月23日発売の、フルサイズミラーレス一眼。ソニーは10位に前々回に初めてランクインした「α6300 パワーズームレンズキット」(前回12位)が再び戻っているため、ソニーとしては2016年8月以来の2機種のトップ10入りとなった。

ソニー「α7 III」 ソニー「α7 III」は2018年3月発売のフルサイズミラーレス一眼カメラ。フルサイズ(35mm判)センサーを搭載したミラーレスカメラ「α7」シリーズの3代目で、ベーシックモデルとしながらも、拡張ISO204800対応、693点象面位相差AF、コンティニュアスAFモード時の瞳AF、秒間最大約10コマの連写など、フラグシップ機に迫る性能を備えている。裏面照射型イメージセンサー「Exmor R」の有効画素数は約2420万画素で、画像処理エンジンは「BIONZ X」を搭載した。光学式手ブレ補正は5軸5段対応。最大4K/30fpsのHDR対応動画撮影も可能。「α7 III」はボディ単体のほか、「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」をセットにした「α7 III レンズキット」も用意する。
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.