News:ニュース速報 2001年8月3日 05:02 PM 更新

東京めたりっく通信の通信障害はCode Redが原因か

 東京めたりっく通信で通信障害が発生したトラブルで,東京めたりっく通信はユーザー宛ての電子メールで,「Code Red」がトラブルを引き起こした可能性があると通知した。

 Code RedはIISサーバに感染するワームウイルス。大量のパケットを放出し,ネットワークトラフィックの混雑を引き起こし,通信速度の低下をもたらす可能性が指摘されている。

 通信障害は,東京めたりっく通信のユーザーが公開しているIISサーバにCode Redが感染し,大量のデータを送信したのが原因とみられる。同社はデータ送信を止めるため,一部のユーザーのTCPポートを閉鎖する措置をとった。

 Code Redは8月1日零時(グリニッジ標準時)から活動を再開した。東京めたりっく通信の通信障害は8月1日午後8時ごろから(グリニッジ標準時で8月1日午前11時)。

関連記事
▼ 勢いの鈍ったCode Red,しかしまだ要注意
▼ Code Red,8月1日に再び感染開始へ
関連リンク
▼ 東京めたりっく通信

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -