News:ニュース速報 2001年8月23日 11:52 AM 更新

青色LEDの中村教授,日亜化学を提訴

 日本経済新聞によると,青色LEDの開発者で米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二教授は8月23日,日亜化学工業に対し,青色LEDの研究成果に対する正当な報酬として20億円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 また中村教授は青色LEDの特許権が自身にあると主張し,特許権の帰属確認を求めているという。

 中村教授は1999年まで日亜化学に在職,「今世紀中は無理」とされた青色LEDの開発に成功した。日亜化学は各企業から殺到したライセンス供与などの申し出を拒否して独自路線を貫いている。さらに豊田合成や米Creeの製品に対して特許権を主張して多くの訴訟を抱えている。2000年12月には,同社の米国特許と秘密情報を不正流用したとして,中村教授をCreeやノースカロライナ州立大学とともに米連邦地裁に提訴している。

関連リンク
▼ 日亜化学工業

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -