News:ニュース速報 2002年2月28日 03:19 PM 更新

エイベックスがコピーコントロールCDを発売,国内初

 エイベックスは2月28日,3月に発売するCDにコピーコントロール機能を導入すると発表した。PCのCD-ROMドライブでオーディオトラックが再生できないほか,MP3などへのエンコーディングも不可能な仕組みを採用している。

 3月13日に発売するBoAのマキシシングル,3月20日発売のDo As Infinityのアルバム,3月27日発売の倖田来未のアルバムに導入する。

 イスラエルのMidbar Techが開発した「Cactus Data Shield」方式を採用した。通常のCDプレーヤーやDVDプレーヤーでは再生できるがMP3再生方式を搭載するカーオーディオ(CD-ROMドライブを利用したカーナビなどと一体化された製品など)では再生できない機種がある。

 またWindows搭載PCではオーディオトラックは再生できない。またオーディオトラックをリッピングしてMP3などにエンコードしたり,CD-Rにコピーすることもできない。

 ただ同CDには音楽再生専用ソフトが含まれており,起動することでエクストラトラックに収録された音楽を再生できる仕組みになっているという。ただMacintoshには現時点では非対応で,MacユーザーはPCでこれらのCDを再生することは不可能だ。

 アナログテープなどへのアナログ録音と,MDへのデジタル録音は可能になっている。

 エイベックスは「ファイル交換ソフトなどで音楽が無料で交換されている。こうした“音楽創造のサイクル”を断絶する違法行為を阻むため,コピーコントロールCDの発売に踏み切る」としている。

 Midbarは,同社の技術を採用したCDは欧米市場向けに1000万枚出荷されていると発表している。

関連記事
▼ イスラエル企業「複製防止付きCD 1000万枚出荷」
▼ コピー防止機能付きの音楽CD,米メジャーレーベルが市場投入
▼ 「コピーできないCD」を斬る――消費者,音楽業界,Microsoftはどこへ向かう?

関連リンク
▼ エイベックス

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -