News:ニュース速報 2002年4月16日 02:49 PM 更新

「Klez.E」国内感染急増,トレンドマイクロが専用Web開設

 トレンドマイクロは4月16日,コンピュータウイルス「Klez.E」の国内感染被害が急増しているとして,危険度を2番目に高い「VAC-2」に引き上げ,専用対策サイトを開設した。

 同ウイルスは2001年に見つかった「Klez」の亜種。同社によると,同日午前9時の時点で国内累計712件の被害が報告されているが,うち4月に入ってからの分が390件と感染が急増しているという。

 専用対策サイトでは同ウイルスの詳細情報や,感染した場合のシステム修復ツールが公開されている。

 同ウイルスは,電子メールの送信者アドレスが詐称するため,ウイルス感染者を特定して警告するのが難しい。またシステム日付が奇数月の6日に発病し,特定の拡張子(txt,doc,xlsなど)のファイルを上書きして破壊することから,トレンドマイクロは,5月6日を前に十分な注意をするように呼びかけている。

関連記事
▼ Klez.Eが活動再開
▼ じわりと広がるKlez.e。ウイルスランキングで4位に

関連リンク
▼ トレンドマイクロ「KLEZ.E専用対策サイト」

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -