News:ニュース速報 2002年4月26日 05:42 PM 更新

シマンテック,「Klez」危険度を引き上げ

 シマンテックは4月26日,コンピュータウイルス「Klez」の危険度を5段階の「3」から「4」に引き上げた。

 「Klez」は2001年10月の発見後も多くの亜種が出現して被害を拡大。現在は「Klez.H」が猛威を振るっている。同日時点でシマンテックに寄せられた「Klez」全体の被害報告は3万7358件。そのうち2098件が日本国内からだ。

 「Klez」はOutlook/Outlook Expressのセキュリティホールを悪用し,無対策の場合はメールを開いたりプレビューするだけで感染する。マイクロソフトが配布している修正パッチのインストールが必須な上,アンチウイルスソフトの導入も欠かせない。

関連記事
▼ 拡散続けるKlezワーム。無防備なユーザーが被害に
▼ もうすぐゴールデンウィーク,でもその前に……(エンタープライズ)

関連リンク
▼ シマンテック「w32.Klez.gen@mm」情報

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -