Hello " New " World 愛は探せる

Hello " New " World 愛は探せる

「毎日会社ばかりで、出会いがないままいい歳になってしまった」と感じていても、「婚活ってなんだか恥ずかしい」「待っていればいつかいい人と出会えるはず」――そう思い込んだまま月日を過ごしていませんか? しかし今、既存の人間関係にとらわれない“新しい関係づくり”がメジャーになりつつあります。 本特集では、国内でも急速に普及しつつある「マッチングサービス」に注目。スマホや対面アドバイスであなたの恋愛をサポートする「ゼクシィ縁結び」とITmedia ニュースがタッグを組み、マッチングサービスにまつわる最新事情をお伝えしていきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

リクルートが婚活サービスに本格参入:

「結婚が決まった人」向けに結婚情報を提供していたゼクシィが、結婚相手を“探す”サービスに本格的に乗り出した。「ゼクシィ縁結び」は、既存のネット婚活や結婚相談所とどこが違うのだろうか?

ゼクシィ縁結びとは

ネットで質問に答えるだけで「価値観が合う相手」を紹介してくれたり、あなたの好みに合うお勧めの人を探してくれたり――。スマートフォンを起点に気軽にパートナー候補を探せる国内サービスの1つが、リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」です。
ゼクシィ縁結びのサービスは大きく分けて、(1)ネットを使って相手を探す「ゼクシィ縁結び」、(2)結婚相談所と同等のサービスを提供する「ゼクシィ縁結びカウンター」、(3)婚活イベントを提供する「ゼクシィ縁結びPARTY」の3つ。ネット上から対面まで、あなたのパートナー探しをフルサポートします。

サービスのご紹介

利用者数はサービス開始から約1年で8万人に。年齢や職業だけの検索ではなく、価値観診断サービスによる“内面重視”の相手探しが好評です。利用者の年代は20代が約4割、30代が約6割。男女比率が半々で、パートナー候補と出会いやすいのも特長です。使い始めから相手探しまでの料金は無料。その後本人確認した上で、自由にやり取りするために初めて月額料金(2592円から)が掛かるシンプルな料金プランも、初めてネット婚活に挑戦する人にとってうれしいポイントです。

プロのマッチングコーディネーターが男女それぞれの人柄を見て“相手候補”をレコメンド。利用者の10人に8人が1カ月以内にデートが成立しているそうです。20代の利用者も多く、ジムに通うような感覚で利用している人も少なくないのだとか。入会金は3万円と、業界水準の3分の1程度(同社調べ)。それさえ払ってしまえば、月会費9000円からのリーズナブルな料金で利用できるのも特長です。

オープンカフェのような空間で、リラックスした状態で新しいパートナー候補と出会えるリアルイベント。半個室のスタイルでの開催もあり、イベント後には気の合う人同士でお茶や軽いお食事に行くケースも多いそうです。参加費は男性でも4000円〜6000円とリーズナブルです。

お役立ちコンテンツ

デートで行くことも多いカラオケ。気付かぬうちに引かれないよう、引かれる歌い方を知りましょう。

デートにおける、好感度の高いワリカンの仕方とは?

一見ポイントが高そうな料理好き男子。でもそれが行き過ぎると……

モテそうな印象の“朝活男子”。しかしあまりに熱中しすぎるとモテからは遠ざかるかもしれません。

奥手男子でもできる“友達どまり”ブレークスルー術をご紹介。

優しいことはいいことだ、そう思い込んでいませんか。

恋愛・婚活においてプラスにしかならなそうな“家事好き”。しかしそれにはこんなワナが。

メールやLINEの行間に出る女性の本音を解説。

女性とのやりとりの中で気付かぬうちに“残念”認定されていたら悲しいもの。ネット民、理系男子が気をつけるべきポイントを紹介します。

ドン引きか胸キュンか。それぞれのアプローチ、ズバッと教えます。

さりげないせりふに女性の本音が隠れています。

いつも友達どまり……そんな男性諸君に捧ぐ、男友達を脱する方法4選。

恋愛婚活でポイントが高そうな「小動物系男子」や「動物好き」。そんな彼らにも落とし穴があって……

食べ放題や遠出──やりがちだけどやっちゃダメな初デートNG行動をまとめました。

初デートにおける悩みとして良く上がる服装。そんな時に役立つ知識をお届けします。

非モテからモテ男まで数々の客を見てきた現役バーテンダーに、ついやってしまいがちなBARでのNG行動を聞いた。

その道のプロ・バーテンダーにBARでモテるための服装について聞いた。

2カ月で35人から告白されたモテ期プロデューサーに聞いた、モテ期を自ら到来させる方法。

BARで出逢った女性と意気投合したら──チャンスを逃さないための“2軒目”への誘い方教えます。

BARならどこでもいい雰囲気で口説けるかも…そんな考えは甘い!

メールの内容、頻度。好きな女性の心をつかためのちょっとしたコツをご紹介します。

シャイな男性にはぜひ読んでほしい、女性をデートに誘う技術。

好きな相手がこちらをどう思っているか。その目安となるサインをご紹介。

今やコミュニケーションに必須といってもいいツール「LINE」。そのやりとりの端々にあらわれる女性の本音をご紹介します。

良かれと思って言った言葉が実は地雷になっていた。地雷を回避するために要注目なフレーズ集。

良かれと思ってした、その気遣い…実は間違っているかもしれません。

こんなしぐさ、こんな言動から女性は浮気を疑い始める。無駄な争いを避けるために要チェック。

女性の浮気に対する傾向と対策まとめ。

地雷を踏まないために、最低限しっておきたいほめ方のお作法とは。

長時間を過ごす職場。そこでモテるためにはこんな条件が……。

理由も分からず、突然別れを切り出されたことはないだろうか。その裏側にはこんな理由がある。

今モテるのは「ないない男子」。果たして何が“ない”のでしょうか。

男性にはなじみの薄いパワースポットですが、うまく活用するとデートや話が盛り上がるかもしれません。

「友達以上、恋人未満」から発展しないとお悩みの諸兄に捧ぐ、おすすめ告白スポット。

合コンにおける最低限の会話ルールや作法をおさらいしましょう。

デートに活用しやすい行きつけのバーの作り方や、いざデートで行った時のポイントを紹介します。

早めに、そして穏便に終わらせたい彼女とのけんか。そのためにおさえたいポイントを紹介します。

ともに取る食事こそ、デートの王道。食事デートの持つ効果とは。

コワモテ男が猫にメロメロ──そんなギャップに女性たちは心をときめかすのです。

恋愛・婚活において、“声”は重要な役割を持つとか。声や会話術にまつわるTipsをどうぞ。

そのタッチ、どういう意味なの……?

変わり種な水族館合コン。合コン苦手な筆者が参加したら……

ブームを巻き起こした「街コン」。そのイベントの場で彼女を見つける秘策を、あらためて紹介します。

デートってリッチな場所に行かないといけないの?? ただの居酒屋が実は穴場なんです!

今からでもできる、女性陣満場一致なイイ男の心得を見よ。

あなたも気付かないうちに“残念”認定されてませんか。

非モテからモテ男まで数々の客を見てきた現役バーテンダーに、ついやってしまいがちなBARでモテないしぐさについて聞いた。

「あの芸能人と友達」「大きなプロジェクトに関わってる」──バレバレなのについ盛ってしまうのが男心。本当に魅力が3割増しに見える(?)裏技もご紹介。

別に出会いがなくても、動物園を楽しめればいいや……。モテ偏差値ゼロな男性が参加した変わり種合コンレポート。

婚活戦線真っ只中の30歳、ライターの僕。『はじめての男の婚活マニュアル』という指南書を手に入れた結果、外見とトークの関門をクリア。遂に女性と2人きりの初デートにこぎつけたのです。しかし、世の男性の皆さん、これで女性を落としたなんて思っていませんか? …

先日初めて会った人に「女子力高いね」と言われて、「嫌味ですか? 」と思ってしまいました。 本人は褒めたつもりかもしれませんが、女子としては「全く嬉しくない! 」という言葉って意外とあります。 そこで今回は「言われても嬉しくない褒め言葉」をご紹介…

先日、アラサー女子たちと食事をした際「イイ男とは」という話題で盛り上がりましたが、お付き合いするなら「イイ男」を望むのは当然です。 もちろん、外見やステータスだけが「イイ男」ではないという事で満場一致しました。 そこで「女子が文句なしに『イ…

よかれと思って着ている服が、意外と女子ウケが悪いことがあります。今回は、そんなメンズファッションの落とし穴について紹介します。 白パンツは清潔感よりナルシスト感が強くて引いてしまう 白のハーフパンツはオシャレに見えますが、フルレングスの白パ…

出会ってからお付き合いに至るまでの時間というのは、ドキドキわくわくする反面「早く告白してくれないかな」とやきもきしてしまう事があります。 彼が全然言ってくれなくて、毎日もやもや……。そんなはっきりしてくれない男子に言うセリフ『草食系男子だよね…

イルミネーションと言えば冬の風物詩。だが、調査のプロであるリサーチャーさんによれば、冬に限らずイルミネーションを楽しめるスポットがいくつもあるという。そこで季節を問わず、闇夜を照らす光の魔術に酔いしれよう。 お台場イルミネーション「YAKEI」 …

男が婚活を成功させる近道、それは、女性が求める理想の男性像を理解すること。 プロフィールの『好きな男性のタイプ』欄には決して書かれない、本当のニーズを知る必要があるのです。 そこで、古今東西の恋愛格言を収録した『恋する女(ひと)の、いい言葉』(…

会社の同期に彼女が出来たのですが、おかげで仕事にも良い影響を与えているようです。 彼曰く、「最初はタイプでは無いから乗り気じゃなかった」らしいのですが、付き合ううちに仕事もプライベートも充実してきたそうです。 どうやら彼女は「男を上げる女子…

ノリが悪いよりは、ノリの良い男子の方が付き合いやすいものですが、ちょっと行き過ぎたノリの男子というのはもう別世界の住人のようです。 それがまた好みのタイプだったらとても残念。そんな、彼のノリについていけない時に言うセリフ『若いよね』をご紹介…

モテないとお嘆きの皆さん、もしかしたら女性が出しているサインに気づいていないだけかもしれません。 恥じらいのある女性ほど、露骨なことはしないもの。ちょっとした動作の中に、あなたへの好意が示されているのです。 売れっ子出張ホスト・藤崎清十郎さ…

男友達が「彼女のどういう態度で脈アリか否かを見分けるのか」という事で悩んでいました。 愛情表現なんて人それぞれではあるものの、ある程度共通点があると思います。 そこで「女子が密かに送っている『好き』のサイン」をご紹介したいと思います。 「好き…

提供:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2017年5月31日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

婚活はじめの一歩

幸せな結婚生活を送っている、6,000人のカップルの特徴を分析!18問の診断を受けるだけで価値観があうお相手を紹介します。

興味はあるけど初めてで不安…そんなあなたに!開催されたイベントを一部ご紹介いたします。イベントの様子を是非覗いてみてください。

編集部注目コンテンツ

男友達が「彼女のどういう態度で脈アリか否かを見分けるのか」という事で悩んでいました…

男が婚活を成功させる近道、それは、女性が求める理想の男性像を理解すること…

先日、アラサー女子たちと食事をした際「イイ男とは」という話題で盛り上がりましたが、お付き合いするなら…

出会ってからお付き合いに至るまでの時間というのは、ドキドキわくわくする反面「早く告白してくれないかな…