検索
ニュース

Samsung Galaxyに深刻な脆弱性、6億台に影響か

プリインストールされているSwiftKey製のキーボードに脆弱性が存在し、Galaxy S6/S5/S4/S4 Miniの各端末が影響を受けるという。

[PC用表示]

脆弱性は最新鋭のS6にも(Samsungサイト)

 韓国Samsung製のスマートフォン「Galaxy」に、プリインストールされたキーボードに起因する深刻な脆弱性が存在するとして、米モバイルセキュリティ企業のNowSecureが6月16日付のブログで詳しい情報やコンセプト実証コードを公開した。

 NowSecureによると、この脆弱性はSamsungの端末にプリインストールされているSwiftKey製のキーボードに存在し、Galaxy S6/S5/S4/S4 Miniの各端末が影響を受ける。攻撃者が特権ユーザーとしてリモートでコードを実行できてしまう恐れがあり、世界で6億台に影響する可能性があるという。


NowSecureの研究者が作成した脆弱性を実証するビデオ

 この脆弱性を悪用された場合、端末のセンサーやGPS、カメラ、マイクなどへのアクセス、悪質なアプリのインストール、他のアプリや電話の機能の改ざん、メッセージや通話の盗聴、個人情報へのアクセスなどに利用される恐れがあるとしている。


機種ごとのパッチ提供状況(NowSecureまとめ)

 Samsungは2014年12月にNowSecureから報告を受け、2015年初めごろから携帯電話会社向けにパッチの提供を開始したという。しかしNowSecureがまとめた米国のキャリアの対応状況によれば、6月16日の時点でほとんどが「未解決」または「不明」となっている。

 問題のキーボードをアンインストールすることはできず、携帯電話会社からパッチが配信されているかどうかをユーザーが確認することも難しいとNowSecureは指摘する。

 対策として、安全ではないWi-Fiの使用は避け、別のモバイル端末を使うか、パッチについて携帯電話会社に問い合わせるよう促している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る