検索
ニュース

屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終 (1/3)

「あいつらにはかなわない」――百戦錬磨の暴力団員が白旗を揚げた相手は、佐川急便が誇る屈強な「佐川男子」だった。

[PC用表示]
産経新聞

 「あいつらにはかなわない」−。百戦錬磨の暴力団員が白旗を揚げた相手は、佐川急便が誇る屈強な「佐川男子」だった。恐喝未遂容疑で逮捕された指定暴力団松葉会系の組員2人は、モデルガンを使った寸劇を演じて宅配物を脅し取ろうと企てたが、配達員の機転と行動力で阻止されてしまった。「配達員が強すぎる」と組員が名言を残した事件の一部始終とは−。

画像
日常的に重い荷物を運ぶ「佐川男子」

ターゲットはロレックス 思いついた寸劇『組員の内輪もめ』

 「金になるシノギを思いついた」

 事件の発端は6月12日にさかのぼる。組員の男A(35)がインターネットで高級腕時計のロレックス(約86万円)を代金引換で注文したのだった。

 単純に時計が欲しかったわけではない。「脅し取ると犯罪だが、一芝居打って商品を置いていかせよう。モデルガンをちらつかせれば、ビビって置いていくはず」。“シナリオ”を練った組員は、同じ組の男B(32)を引き込んだ。

 翌日、佐川急便の男性配達員(38)ら2人が東京都荒川区町屋の組事務所に荷物を届けに訪れた。

       | 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

ページトップに戻る