検索
ニュース

チョコレートを食べると脳が若返る? 明治と内閣府の共同研究

カカオ成分が70%以上のチョコレートを食べると、学習機能に関わる大脳皮質の量が増え、脳が若返るという研究成果を明治が発表。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 カカオ分が70%以上のチョコレートを食べると、大脳皮質の量が増え、脳が若返る――そんな研究成果を、明治と内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の共同研究チームが1月18日に発表した。

photo
高カカオチョコレートを食べると、大脳皮質の量が増え、学習機能が向上するという

 研究チームは、45〜68歳の成人男女(男性15人、女性15人)に、高カカオチョコレート(カカオ分70%以上のチョコレート)を4週間食べてもらい、実験の前後で大脳皮質の量(GM-BHQ)の変化を調べたところ、GM-BHQが有意に増加したという。

photo

 大脳皮質には、学習効果に関わる神経細胞が多く存在している。だが、年齢とともに大脳皮質の量が減少し、学習機能は衰えていく。高カカオチョコレートを摂取し、大脳皮質の量が増えれば、脳が若返る可能性があるという。

 研究成果は、オープンサイエンス中間報告会(1月18日、日本橋三井ホール)で発表された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る