検索
ニュース

「マジンガーZ」×「麻しんがゼロ」 厚労省が啓発ポスター、ダウンロードOK

「みんなで目指そう『麻しんがゼロ』」――厚生労働省は7月27日、「マジンガーZ」とコラボした「麻疹」予防キャンペーンを始めた。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 「みんなで目指そう『麻しんがゼロ』」――厚生労働省は7月27日、「マジンガーZ」とコラボした「麻疹」(ましん/はしか)予防キャンペーンを始めた。マジンガーZのイラストをあしらった啓発ポスターを作成。Webサイトでダウンロードできる。

画像
啓発ポスターのデザイン

 麻しんは感染力が強く、感染すると肺炎や中耳炎になることもあり、先進国でも患者1000人に1人が死亡するといわれているという。

 日本は2015年、土着の麻しんウイルスが存在しない「麻しん排除国」に認定されており、日本で発祥する例は、海外で感染した人が発症する輸入症例だという。

 同省は「海外渡航を検討している人への積極的な注意喚起が必要」とし、「みんなで目指そう『麻しんがゼロ』」のキャッチコピーと、マジンガーZのイラストをあしらったリーフレット/ポスターを作成した。

 ポスター(A2)とリーフレット(A4)のデータは、Webサイトからダウンロード可能。ポスター約3000部とリーフレット約16万部)は、8月上旬をめどに全国の自治体や検疫所、パスポートセンターなどに配布する。

画像
「劇場版マジンガーZ」(仮題)公式サイトより

 マジンガーZは1972年に漫画家・永井豪氏によって「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された漫画作品で、アニメも人気を博した。同省は「40代〜50代だけでなく若い世代にも幅広く認知されている」としてコラボ企画に採用。来年1月公開予定の「劇場版マジンガーZ」(仮題)の公式サイトやTwitterでも、麻しんの感染予防に関する情報を発信する。

 厚労省とアニメ・マンガコンテンツのコラボ企画としては、昨年11月、「美少女戦士セーラームーン」とコラボレーションし、性感染症の予防、早期発見・治療を訴えるポスターが話題になった

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る