検索
ニュース

海中で微生物に分解されるプラスチック カネカ製、国際機関が認定

化学メーカーのカネカが開発したプラスチックが海水中で微生物に分解されると、国際的な認証機関「VINCOTTE」が認めた。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 化学メーカーのカネカは11月15日、同社が開発したプラスチックが海水中で微生物に分解されると、国際的な認証機関が認めたと発表した。微細なプラスチックによる海洋汚染が問題になる中、最終的に二酸化炭素や水に分解される同製品を、漁具や釣り具などに活用する考え。

 発表によれば、カネカが開発した100%植物由来のバイオプラスチック「カネカ生分解性ポリマー」(PHBH)が、9月にベルギーの認証機関「VINCOTTE」の認証を受けた。30度の海水中の場合、微生物の働きにより6カ月以内に90%以上が二酸化炭素や水に分解されるという。

photo
カネカの公式サイトより

 近年、石油由来で直径0.5ミリ以下の「マイクロプラスチック」による海洋汚染が問題化。洗顔料や化粧品などに使われたものが流出したり、海洋ごみが断片化したりしたものを魚が食べ、人間にも被害が及ぶとの指摘が上がっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る