検索
ニュース

年収1000万円〜1億円で「天才」募集 新会社「スタートトゥデイテクノロジーズ」

スタートトゥデイは、グループ内の技術力を集約した新会社「スタートトゥデイテクノロジーズ」を設立。年収1000万〜1億円の「天才」を募っている。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、子会社3社を合併し、グループ内の技術力を集約した新会社「スタートトゥデイテクノロジーズ」(資本金2億8000万円)を4月1日に発足した。新会社では、研究員やエンジニアなどを募集。「天才」(最大7人)には年収1000万〜1億円を用意するという。

画像
新会社のロゴ
画像
人材募集ページより

 新会社は、スタートトゥデイ工務店、VASILY、からくるを合併して発足(スタートトゥデイ工務店を存続会社、VASILY、カラクルを消滅会社とする吸収合併)。

 「70億人のファッションを技術の力で変えていく」をミッションに、ビッグデータの活用や更なる技術革新などを目指すとしており、「ZOZOSUIT」を活用したプライベートブランド「ZOZO」などファッションECや「WEAR」や「IQON」などファッションメディアの開発業務、スタートトゥデイ研究所による研究開発、新規事業の立ち上げなどを手掛ける。

 新会社の代表取締役社長にはスタートトゥデイ工務店社長だった久保田竜弥氏が、代表取締役CIOにはVASILY社長だった金山裕樹氏が就任する。カラクル社長だった大久保貴之氏は、執行役員として研究所福岡拠点のリーダーを務める。

 「7人の天才と50人の逸材求む」とし、人工知能関連の博士・研究員や、エンジニア、デザイナー、アナリストなどの人材を募集。年収1000〜1億円の「天才」を最大7人、400〜1000万円の「逸材」を最大50人募っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る