検索
ニュース

災害時用無料Wi-Fi「00000JAPAN」悪用した攻撃に内閣府が注意喚起

西日本豪雨の被災地などで、災害時用の無料Wi-Fi「00000JAPAN」が提供されている。ただ、通信内容が第三者に盗聴されるリスクがあるため、「緊急時のやむを得ない安否確認や情報収集のみに利用してほしい」と内閣府が注意を呼び掛けている。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 西日本豪雨の被災地などで、災害時用の無料Wi-Fi(統一SSID)「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)が提供されている。ただ、通信が暗号化されておらず、同名のSSIDを設定したなりすましも可能。通信内容が第三者に盗聴されるリスクがあるため、「緊急時のやむを得ない安否確認や情報収集のみに利用してほしい」と、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が注意を呼び掛けている。

 「00000JAPAN」は、大規模災害時に無料開放する災害用統一SSIDとして2014年に世界で初めて策定。冒頭に「00000」を付けてSSIDの検索結果上位に表示されるようにし、「JAPAN」を加えて海外からの救援者にも理解しやすい文字列にした。6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震の被災地や、7月上旬に西日本を襲った豪雨の被災地で提供されている。

 ただ「00000JAPAN」は、緊急時の利便性確保を優先して通信が暗号化されていない。このため、「攻撃者によって、通信の途中で盗聴、偽のアクセスポイントを使った情報の奪取などの危険性がある」と内閣府は指摘。「緊急時のやむを得ない安否確認や情報収集のみに利用し、ID、パスワード、個人情報の入力、お金が関係するサービスの利用は極力避けて下さい」とし、携帯電話回線が通じる場合は、そちらを利用するよう呼び掛けている。また、これに限らず無料Wi-Fiを利用する必要がある場合は、VPNソフトを使って通信することをすすめている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る