ベンチャー人

ネットがますます普及したネット新時代を舞台に、独立・起業した開発者や新サービスにフォーカスします。

TOPICS

「大きなミスを犯してしまった」――楽天koboに何が起きたのか

楽天が鳴り物入りで投入した電子書籍サービスに、発売当日から不具合が続出した。

ITニュースをめぐるあれやこれやを編集部からお届けします。

新着記事from エンタープライズ

3月3日

2月28日

2月27日

楽天傘下の投資ファンドが、日本のネットベンチャーへの投資を目的とした、運用資産額100億円のファンド運用をスタートした。

(1月28日 13時39分)
news138.jpg

アニメ制作資金を募るクラウドファンディング・プラットフォーム「OFSEA.IO」のティーザーサイトがオープンした。

(1月18日 19時45分)
news101.jpg

「すべてのオタクの夢である、画面の向こうにいたキャラと共同生活を実現」――日本のITベンチャーが、好きなキャラと一緒に暮らせるという「ホログラムロボ」を開発している。

(1月18日 14時41分)
news137.gif

KDDIと米ベンチャーOssiaはCESで、最大約10メートル先の機器に充電できるワイヤレス給電技術「Cota」のデモ展示を行う。

(12月22日 18時29分)
news127.jpg

Kickstarterで資金調達を達成したものの、運営側によってプロジェクトを停止されていたリスニングデバイス「Listnr」の製品化が決定した。開発主体を変更し、Cerevoブランドの製品として発売する。

(12月18日 17時30分)
news134.jpg

Bluetoothでスマホと連携し、計測したセンサーデータで滑りを分析できるスノーボードバインディング「SNOW-1」をCerevoが発売した。

(12月17日 17時56分)
news148.jpg

公認会計士、税理士の付加価値を高めていくために――クラウド会計ソフト「freee」が新たなプロダクト開発の構想を発表。データを活用し、コンサルティングや業務効率化につなげる「リアルタイム経営パートナー」を生み出すことを目指す。

(12月16日 19時16分)
news066.gif

金融とITを融合した新しいサービス「フィンテック」が脚光を集めている。金融機関の“聖域”に飛び込むITベンチャーは「銀行にとって最強のライバル」になりつつある。

(12月9日 09時41分)
news071.jpg

資産管理アプリ「Moneytree」を開発し、3大メガバンクから大型出資を受けるなど注目の高いスタートアップ、マネーツリー。話題を集める「Fintech」分野で躍進する理由とは。

(11月27日 11時37分)
news104.jpg

個人の特技やスキルを売買するC2Cサービス「ココナラ」が5億4000万円の資金を調達。ユーザー拡大とマネタイズに取り組む。

(11月24日 16時58分)
news094.jpg

「newsing」で創業し、現在はスマホゲーム運営を展開するマイネットがマザーズ上場へ。

(11月16日 16時01分)
news060.gif

かんぴょうをスピーカーにした「かんぴょうスピーカー」を、産地である栃木県のオーディオ専門店が開発した。女性を中心に大反響でうれしい悲鳴という。

(11月11日 08時43分)
news137.jpg
Dreamforce 2015:

サンフランシスコに生まれ、世界70都市以上で配車サービスを展開する「Uber」。カラニックCEOはさらなる成長に向け、「水道のように誰でも当たり前に使う存在に」と目標を掲げる。

(9月17日 16時46分)
news135.jpg

DMM.comは、ハードウェアスタートアップ製品の販売・流通面のコンサルティングサービス「DMM.make SELECTION」を始めた。拡販ノウハウを提供し、世界展開も含め支援する。

(8月27日 19時27分)

クラウド会計ソフトのfreeeが総額35億円の第三者割当増資。調達した資金でマイナンバー対応機能の開発を加速させるなど、「スモールビジネスを支えるフォーム化」を目指す。

(8月24日 15時38分)
news120.jpg

NTTドコモがNTTナレッジ・スクウェアを子会社化し、MOOCサービス「gacco」を運営する「ドコモgacco」に社名変更する。

(8月17日 17時43分)
news126.jpg

指先の動きでスマホアプリや家電をコントロールできる指輪型端末「Ring ZERO」の家電量販店での販売がスタートした。

(8月10日 18時48分)
news136.jpg

デザインとカラーにこだわる“1人家電・家具ブランド”「UPQ」が誕生した。「スペック以外で語れるブランド」を目指し、4Kディスプレイやスマート電球、バッテリー内蔵スーツケースなど幅広くオリジナル商品を展開する。

(8月6日 19時48分)
news106.jpg

KDDIが家庭向けアシスタントロボット「Jibo」を開発するMIT発の米企業Jiboに出資。電通のベンチャーファンドも同日、Jiboに出資した。

(8月6日 15時22分)
news129.jpg

IoT製品開発モジュール「BlueNinja」をCerevoが発表。東芝のSoCをベースにBluetoothと各種センサーを搭載し、プロトタイプ開発だけでなく量産にも適した製品となっている。

(7月28日 17時35分)
news121.gif

東証は、スマートフォンアプリの収益化サービスを手がけるメタップスのマザーズ上場を承認した。

(7月24日 16時10分)
news152.gif

朝日新聞社がベンチャー支援プログラムをスタート。専門家によるアドバイスやプロモーション支援などを提供するほか、朝日新聞グループとの提携や出資を視野に入れる。

(7月22日 18時56分)
news136.jpg

Cerevoが技適取得済みの無線LANモジュールを発売。ハードウェアスタートアップや電子工作ファン向けの新ブランド「Cerevo Maker series」の第1弾製品だ。

(7月7日 18時20分)
news128.gif

プログラミング学習サイト「ドットインストール」で、企業が提供する開発者向け製品を紹介する動画広告「スポンサードレッスン」がスタートした。

(7月2日 17時38分)
news127.gif

フリマアプリ「メルカリ」が2周年を迎え、ダウンロード数が1600万を突破した。

(7月2日 17時36分)
news108.gif

サイバーエージェント傘下のバイラルメディア「BUZZ HOUSE」が6月末で終了した。

(7月2日 15時50分)
news078.jpg

バイドゥがネイティブ広告配信技術を開発するpopInを買収した。中国百度への導入、その後の世界展開を目指す。

(6月8日 12時55分)
news075.jpg

世界各地の風景を4K映像で楽しめるデジタル窓「Atmoph Window」のクラウドファンディングが始まった。

(5月13日 12時03分)

Gunosyがマザーズに上場した。初値は公開価格と同じ1520円だった。

(4月28日 11時14分)
news157.gif

100枚からの小ロットでアナログレコードをプレス・直販できる音楽プラットフォーム「Qrates」(クレイツ)が登場した。

(4月24日 19時28分)
news130.jpg

排便タイミングを事前に知らせてくれるウェアラブル端末がクラウドファンディングに登場。開発者自身も「うんこを漏らしたことがあり」、「人類の尊厳を守りたい」という。

(4月24日 16時51分)
news139.jpg

電通が海外企業を対象にベンチャー投資を行うファンド「電通ベンチャーズ」を組成した。

(4月15日 18時22分)

ECサイト「LUXA」を運営会社をKDDIが子会社化した。

(4月14日 16時50分)
news072.gif

Gunosyが4月下旬にマザーズに上場する計画だと伝えた一部報道について、Gunosyは「当社が発表したものではなく、現段階で決定した事実はない」とコメントを発表した。

(3月24日 12時22分)
news152.jpg

小型2足歩行ロボット「PLEN2」が開発資金を募るクラウドファンディングを日米で行っている。

(3月18日 19時32分)
news135.jpg

Wi-Fiを搭載し、物理的な動きでWebサービスや家電を操作できる鍵スイッチ「Hackey」をCerevoが発表した。

(3月16日 18時49分)
news138.jpg

リスニングデバイス「Listnr」の開発資金を募るのKickstarterプロジェクトが目標達成後に停止処分に。「規約違反」以上の詳細な理由は知らされていないという。

(3月13日 19時42分)
news040.jpg

パナソニックが技術提供し、スタートアップと共同開発した周囲の音を“聞く”デバイス「Listnr」がKickstarterで出資を募っている。大手企業がスタートアップとコラボし、世界を視野にクラウドファンディングを行うのは国内初の事例だ。

(2月26日 11時00分)

コマツがロボットベンチャーのZMPに出資したと発表した。建設・鉱山機械の無人化・自動運転化などで協力を進める。

(2月12日 16時26分)
news074.gif

「SmartNews」が日米で1000万ダウンロードを突破。世界150カ国向けに「インターナショナル版」も公開した。

(2月4日 11時40分)
Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
日本はIT先進国になれるのか? 目の前の問題を解決しつつ、2020年に向けたITの進化を考える