特集

ねとらぼ

記者がちょっと気になったネット上でのできごとを、毎日伝えます。 (2008/05/07)


おもしろさは誰のものか

 無劣化のデジタルコピーが容易になり、ネットを使って誰でも発信できる時代。旧来の著作権の仕組みがひずみを起こし始めています。創作のあり方はどう変わるのか。今、求められる著作権の仕組みは何か――講談社のオンラインマガジン「MouRa」の「ザ・ビッグバチェラーズニュース」と共同で考えていきます。 (2008/05/07)


次世代DVDの来し方行く末

ハイビジョン時代の標準メディアの座を目指して開発が進められた2つの規格、HD DVDとBlu-ray Disc。統一規格への機運も高まったこともあったが、結局は対立し真っ向から戦うことになった。これからどのような結末が待っているのだろうか。 (2008/02/18)


Microsoft、Yahoo!買収に乗り出す

Googleに後れを取っているMicrosoftが、Yahoo!買収という大胆な策に打って出た。だが、Yahoo!の同意が得られるかどうかや、独禁法の問題、買収の効果など多くの疑問が残る。 (2008/02/04)


白熱する議論、著作権保護期間は延長すべきか

「創作のインセンティブ」を訴える延長派、「文化の発展を阻害する」と反論する反対派。死後50年の保護期間をめぐる議論の落としどころは? (2007/07/31)


iPodケータイ「iPhone」、ついに見参

タッチスクリーンにソフトキーボードとこれまでにない携帯電話を作り出したApple。そのiPhoneがいよいよ発売される。 (2007/06/28)


音楽DRMは消えるのか?

すべての楽曲をDRMフリーで販売するというEMIの大胆な戦略に、音楽業界は追随するだろうか。 (2007/04/09)


仮想世界「Second Life」の現実

3D仮想世界「Second Life」はなぜ注目を浴び、その中では何が起きているのだろうか。 (2007/01/19)


ベールを脱いだMicrosoftの「Zune」

Microsoftの「Zune」デバイスと音楽ストア「Zune Marketplace」はiPodとiTunes Storeの強力なライバルになるだろうか? (2006/09/15)


拡大するリコール、ソニーのバッテリー過熱問題

Dellの410万台リコールに続き、Appleもソニー製ノートPC用バッテリーのリコールに乗り出した。「燃えるノートPC」騒動はどこまで広がるのだろうか。 (2006/08/25)


見えてきたIE 7の全貌

タブブラウジング、RSS、フィッシングフィルター、ClearTypeフォント――Internet Explorer 7の姿が見えてきた。 (2006/07/27)


AMD、ATIを買収――プロセッサ業界への波紋は

AMDのATI買収で、一体どんな企業が生まれるのだろうか。IntelとNVIDIA、ライバルの動きも気になる。 (2006/07/27)


「YouTube」の可能性と危うさ

人気の動画共有サイト「YouTube」は、動画コンテンツの新たな可能性を開くのか、著作権違反コンテンツの温床で終わるのか――その動向と波紋を追う。 (2006/06/13)


CGMは誰のもの? ニュースで見るコンテンツビジネスの現在

CGM(Consumer Generated Media)の普及が進む。ブログや2ちゃんねるなどのコンテンツビジネスでは、著作権なども絡んで問題が複雑化している。 (2006/06/02)


ITは、いま

ITが私たちの何を変え、何が変わりつつあり、何を変えないのか。広くITにかかわる個人に焦点を当て、“ITのいま”を考える。 (2006/03/20)


混乱広がるPSE法施行

電化製品の安全確認済みの印である「PSEマーク」がない中古品が販売できなくなる――2006年3月末の「PSE法」の猶予期間終了を目前に起きた騒動を追った。 (2006/03/24)


MSのOrigamiプロジェクト、その正体は

「iPodキラー」かはたまた――その正体をめぐってさまざまな憶測が飛び交ったOrigamiが間もなくその全貌を現す。 (2006/03/06)


xcp.jpg

“スパイ的コピープロテクト”の波紋

rootkitに似たコピー防止技術をCDに組み込んだSONY BMGは猛反発を受け、さらには訴訟にまで発展する騒ぎに。 (2005/11/16)


vista.jpg

Windows Vista特集

「Longhorn」と呼ばれていた次世代Windowsの正式名称は「Windows Vista」に決定した。「vista(展望)」という言葉を冠するこのOSは、どんな景色を見せてくれるだろうか―― (2005/10/12)


office12.jpg

次世代Officeはどう変わる?

次期版Officeの最大の変更は、デフォルトでXMLフォーマットを採用することだろう。XMLは相互運用性、データリカバリ、セキュリティに大きな恩恵をもたらすとMicrosoftは主張している。 (2005/09/20)


2005.gif

IDF Fall 2005 Report

クロックスピードをアピールしてきたIntelが、今回のIDFでは省電力に軸足を移した。新たに発表された次世代アーキテクチャは、モバイルプロセッサPentium Mの設計を取り入れ、電力最適化の機能を搭載する。 (2005/10/12)


katrina.jpg

ハリケーン襲来、そのときITは

ニューオーリンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」は、通信インフラにも大きな被害をもたらした。各社は通信の復旧に努めるとともに、ITを駆使して被災者の救援に乗り出す。 (2005/09/05)


現実になる「Pentium Mac」

これまで何度も噂に上ってきた「AppleがIntelプロセッサを採用」説がついに現実のものとなった。この一大決定がAppleに、Intelに、そしてIBMに及ぼす影響は――? (2005/10/12)


amdintel.jpg

AMD、Intelを独禁法違反で提訴

「AMDプロセッサを採用しないよう、IntelがPCメーカーに圧力をかけた」――AMDは日米両国でIntelを相手取って訴訟を起こした。 (2005/10/12)


Intel Developer Forum Spring 2005 レポート

1日にサンフランシスコで開幕するIntelの開発者向けイベントIDFでは、今年市場投入予定の複数のデュアルコアプロセッサについて、多くの情報が提供される見込みだ。 (2005/10/12)


ACCS裁判を追う

ACCSのサーバに侵入し、個人情報を引き出した上で脆弱性を指摘した元京大研究員が、不正アクセス禁止法違反で起訴された。被告は無罪を主張。“不正アクセス”の定義を問うを争う裁判を追う。 (2005/10/12)


firefox.jpg

燃え上がるFirefox人気

セキュリティ問題で失速するIEとは対照的に、バージョン1.0リリース以来、勢いが衰えることのないFirefox。ブラウザ戦争は終わってなどいないのだ。 (2005/10/12)


ibmlenovo.jpg

「IBM、PC事業売却」の波紋

IBMのPC事業売却は、PC販売で継続的に利益を出すのが難しいということを浮き彫りにした。これはPC業界再編の皮切りにすぎないのだろうか? (2005/10/12)


2004.gif

IDF Fall 2004レポート

マルチコア計画が大きな目玉となるIDF Fall 2004。デュアルコアCPUのロードマップのほか、UWBなど先進技術に関する発表も行われる。 (2005/10/12)


mskoutori.jpg

MSと公取委、全面対決

PCメーカーがWindowsによる特許侵害を指摘しても無視――Windowsの使用許諾契約に盛り込まれた「非係争条項」をめぐり、MSが独占禁止法違反で排除勧告を受けた。MSはこれを拒否し、審判による徹底抗戦を表明。同条項は消費者利益になっていると主張する。 (2005/10/12)


2004.gif

SuperComputing2004レポート

不動の王座を守ってきた地球シミュレータに譲位の時が――「世界最速」を宣言するIBMのBlue Gene/L勢、それを追う各社。 (2005/10/12)


Winny事件の衝撃

ブロードバンドの可能性と破壊力をもっとも分かりやすく示して見せた国産P2Pファイル共有ソフト「Winny」。司法当局は「著作権法違反ほう助」容疑で開発者の逮捕・起訴に踏み切った。ネットではWinnyの功罪をめぐって議論が続く。「Winnyという現象」は終わっていない。 (2005/10/12)


Special

- PR -

Special

- PR -