Special
» 2004年05月19日 16時50分 公開

ブランチレポーター細野由華の:赤坂タブレットPC編集記者 Vol.4:ゆかゆか vs ユカタン! (1/2)

赤坂にある出版社の編集部に勤務する細野由華(23歳)。この物語は、ひとりの新米女性編集者がタブレットPCを使って立派に成長していく過程を追ったフィクションである。特集を担当することになったゆかゆかは、タイトな進行に追われまくり。〆切原稿に追われる中で、編集長からは叱られ、同僚には仕事の足を引っ張られてさんざんなメに遭ってしまう。ようやく編集地獄の波にもまれ出したゆかゆかだった……

[ITmedia]

 5月吉日。晴れ。

 ある日の朝、内線で編集長から呼び出された由華ちゃん。どうやら特集記事の進み具合に、編集長はかなーり危惧を抱いている様子です。

編集長 「細野君、特集の現時点のステータスはどうなってる?」

細野 「ハイ、10P分の原稿が滞ってます。内容はマイクロソフトの販促担当者インタビューと展示会レポートです……」

編集長 「ううむ。で……、それらの記事の担当ライターは?」

細野 「どちらも、あの、私です……」

編集長 「なぬぅ! ……。あのね、キミィ(以下略)」

 由華ちゃん、入社以来初めての“大目玉”を編集長から食らってしまいました。しょげた様子で自分のデスクに戻ってくる由華ちゃん……

細野 「ショボーン。朝から、超へこみモード。まあ、しょうがないよねー。あたしが遅筆なのが悪いんだしー。ん? なんだこりゃ?」

 デスク上のタブちゃん、外部キーボード付き状態。画面を見ると、なぜかチャット画面が立ち上がっています。だれかが勝手にいじった模様。

細野 「もう、だれかしら? あたしの大事なタブちゃんに〜っ。まったくー……。ぶつぶつ〜」

「だれですか? 私いま、忙しいんです」とレスを返す、ご機嫌ナナメのゆかゆか。相手は同期入社のO記者なのだった! さらにチャットでレスを返す由華ちゃん。

細野 「なんだ、ユカタンか。いま編集長に叱られたんだ……」


ユカタン 「そんなことで落ち込んでるの、ゆかゆか? 私なんか年中、叱られっぱなしだよ」

「そりゃ、アンタはな!」と書きかけて、別のレスを返す由華ちゃん。Wユカによるイラスト付きの、じつに不毛なチャットの応酬が続くのでした……(中略)

細野 「あーっ、いけない! 今日、六本木で発表会があるんだった! あたし、こんなことやってる場合じゃないじゃん」

細野 「あの。よく考えたら私、チャットやってるバヤイじゃ ないんですけど……。取材に出ますので、サラバ!」


 デスクトップ状態のタブちゃん(=HP Compaq Tablet PC TC1100)を素早くモバイル状態に切り替える由華ちゃん。鮮やかなお手並みです。

 チャット相手のO記者。じつはスグ近くのデスクに腰掛けて、しゃあしゃあとコーヒーをすすっているじゃあーりませんか!

細野 「じゃあね、ユカタン。まじめに仕事するのよ……」


 六本木のイベント会場へ到着した由華ちゃん。カメラマンとともに、小型二足歩行ロボットの発表会を取材。ロボの動きに盛り上がっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.