Special
2004/08/31 00:00 更新

レポート
野球のスコアをタブレットPCで入力 NEC新型機での東京ドーム実証実験に同行してみました (1/2)

サッカーなどで試合のスコアブックをPCで入力し、選手個々人の分析や作戦の立案などに利用するという話は、Jリーグの発足以降よく聞く話となった。だが野球ではどうだろうか? 今回マイクロソフトがジャイアンツカップで行っている実証実験に同行してみた。

野球のスコアブックづけとタブレットPC

 「全国少年野球大会 2004ジャイアンツカップ」というのをご存知だろうか。1994年に始まった複数の少年野球の団体の交流試合で、現在では、日本リトルリーグ野球協会、日本少年野球連盟、日本リトルシニア野球協会、日本ポニーベースボール協会、全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)、全国少年硬式野球協会(サンリーグ)が参加する、名実ともに少年硬式野球の日本一を決定する大会なのだそうである。

 上記各組織を合計すると、約1500チーム、約5万人の小中学生が参加しており、規模の大きさが想像できる。またこのジャイアンツカップ参加選手のうち、既に19名がプロ入りしており、日本の野球文化のベースを担うイベントと言っていいだろう。

ho_gc_gcup.jpg

 今回お邪魔したのは、8月18日に行われた中学生の部の決勝試合。中学生の部は各団体の代表20チームでトーナメント式で試合が行われる。東京ドームでプレイされた決勝まで勝ち上がってきたのは、沖縄県の「沖縄国際ポニーズ」と東京都の「武蔵府中リトルシニア」だ。

 で、なぜマイクロソフトがタブレットPCでのスコアブックづけをやっているのかと言うと、本大会の主催者の一社である読売新聞社に対して、記者が行う試合のスコアブックづけをタブレットPCで運用することによる効率化と正確さとを、アピールするため。これによってタブレットPCを使用するメリットを感じてもらい、導入に繋がれば、ということだそうだ。

ho_gc_nagame.jpg

記者席から見下ろした東京ドーム

タブレットPCで行うメリットとは

 実際のスコアとしては、あくまでも紙のほうが公式記録。通常の試合の場合、球場の記者席でスコアを記入し、そのスコアを別の場所(記者クラブや編集部など)にFAXする。それとは別に記事はPCで入力し、ネット経由で送信される。別の場所ではそれを照合し、フィニッシュするというわけだ。

 ところがここで問題になるのが、手書きという点。刻々とリアルタイムで試合のスコアを手で書くため、間違いも起これば悪筆で読みにくい場合というケースも発生しないわけではない。また紙でFAXという手段をとるため、後々の集計などで非常に手間を要する。

ho_gc_kami.jpg

通常はスコアラーが、このようにスコアブックを手書きでつける

 今回マイクロソフトでは、株式会社マイスターが作成した野球のスコアブックをつけるためのオリジナルアプリケーション「VISCO for Baseball」をタブレットPCにインストールして持ち込んだ。

 このアプリケーションは手書きではなくスコアマークを選ぶという方式をとっている。つまり、画面上では正確な記入を行うことができ、プリントアウト時も手書きでない美しいスコアブックのプリントが可能となる。なによりうれしいのは、入力したものをCSVファイルとして書き出してくれる点だろう。これにより各種の集計が非常に容易に、そして正確になる。投手の投球数や打率といった計算がまさにあっという間だ。

 もちろんマウス代わりにペンが使えるタブレットPCならではの操作性も、大きなメリットのひとつとなる。

ho_gc_siaijoho.jpg

配布された公式打順表を元に事前に試合情報を入力する

 これまでの実証実験での現場の記者の反応は上々とのこと。ご時勢で既に記事原稿はPCで書いているため、それにプラスしてスコアもつけられるタブレットPCには「こういうのを前から作れって言ってたんだよ」というコメントも飛び出したそうだ。

 実際のところ読売新聞社としても、導入について前向きに検討を始めているそうで、野球のスコアブックはタブレットPCで入力が常識、という時代が遠からず到来しそうな予感があった。

 少年硬式野球で活動するチームの多さは前出のとおりだが、実は小中学校の場合、軟式野球で活動するチームは桁違いに多い。また、それとは別に社会人の草野球という分野もある。マイクロソフトとしてはそれなりに大きな市場として見ているようだ。

ho_gc_dasen.jpg

ビジュアライズされてわかりやすい打線入力(このタブレットPCなにやら見覚えがない。実は……次ページへ!)

東京ドーム、そこはヒーローが誕生する地

      | 1 2 | 次のページ

[大出裕之,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PICK UP

news010.jpg ベールを脱いだ“Origami”、MicrosoftとIntelがOrigamiことUMPCを披露
CeBIT 2006で、ついに“Origami”がベールを脱いだ。3月9日、MicrosoftとIntelはそれぞれプレス発表会を開催、OrigamiことUltra-Mobile PC(UMPC)デバイス戦略を明らかにした。

news015.jpg “Origami”命名者らが明かすUltra-Mobile PC構想
CeBIT 2006の目玉となった“Origami”ことUltra-Mobile PC(UMPC)。会場ではIntel、Samsung、ASUSなどのブースでUMPCを見ることができた。3月10日に催されたMicrosoft、Intel、Samsungの共同記者発表会の模様とあわせて、UMPCを検証してみよう。

news001.jpg 1キロを切る超小型・軽量のコンバーチブル型タブレットPC──富士通「FMV LIFEBOOK P8210」
富士通の企業向けノートPC「FMV LIFEBOOK」シリーズに、コンバーチブルスタイルのタブレットPC 2モデルが追加された。その中でも「FMV LIFEBOOK P8210」は、本体重量が約990グラムと非常に小型・軽量でありながらも、コンバーチブルスタイルを実現した意欲的なタブレットPCである。

news002.jpg これが“ThinkPad”クオリティのタブレットPCだ──レノボ・ジャパン「ThinkPad X41 Tablet」
性能面はもとより、耐久性や操作性なども含めたノートPCとしての完成度の高さで幅広いユーザーから支持されている「ThinkPad」シリーズ。そのThinkPadからコンバーチブルタイプのタブレットPCが登場した。それが「ThinkPad X41 Tablet」である。

news002.jpg デジタルクリエイター教育におけるTabletPCの可能性──デジタルハリウッド杉山学長インタビュー
デジハリEXは、TabletPCを使ったデッサン入門講座を6月に開講する。なぜTabletPCを教材に採用したのか? クリエイティブツールとしての可能性・将来性は? 日本のデジタルクリエイター教育の先駆者であるデジタルハリウッド大学・大学院の杉山知之学長に話を伺った。

1.jpg サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第1回:OneNoteの登場でタブレットPCがいっそう身近に(1)
ノートPCとPDAの中間――普段のWindowsアプリケーションが使え、PDAなみの軽快な操作性と携帯性を持つタブレットPC。メールやWebの閲覧はもちろん、企画書を作成して他社に営業に行き会議室でプレゼンを行う……そんな今回の企画にぴったりの人はもちろん、それ以外の人にもタブレットPCとOffice OneNote 2003などのアプリケーションを組み合わせた、きっと役に立つちょっとしたノウハウを今後数回に分けて展開していく。

news009.jpg マイクロソフト、次世代TabletPCのコンセプトモデルを初披露
マイクロソフトは都内で行われた開発者向けコンファレンス「WinHEC 2005 Highlights」で、次世代TabletPCのコンセプトモデルを本邦初公開した。スライド式の液晶タブレットを搭載し、ノートPCモードとピュアタブレットモードを瞬時に行き来できるのが特徴だ。

news020.jpg TabletPCの現在、そして未来を語る──モバイルプラットフォーム事業部GMインタビュー
TabletPCはノートPC市場のメインストリームに対して、フェーズに合わせて普及のターゲットを広げてきた。さらに将来的には、タブレットの機能はすべてのノートPCにも搭載されるようになるという。米マイクロソフト モバイルプラットフォーム事業部 ジェネラルマネージャーにTabletPCの現在と未来を聞いた。

news003.jpg ペンオペレーションでモバイルAVノートの魅力が変わる──富士通「FMV-BIBLO LOOX P70R」
富士通のモバイルAVノート「FMV-BIBLO LOOX」シリーズに、新モデルとなる「FMV-BIBLO LOOX P70R」が登場した。1キロを切る軽量ボディを実現しながらも、一般ユーザー向けとしては同社初のコンバーチブル型タブレットPCであるという意欲的な製品だ。

news005.jpg タブレットPCのプレゼンは、なぜ琴線を揺さぶることができるのか?
今や、ビジネスパーソンだけでなく、学生にもプレゼン能力が問われる時代。とはいえ、スライドと話術のみで受け手に強い印象を残すプレゼンを行うのは非常に難しい。しかし、タブレットPCを利用すれば、誰でも簡単に“勝てるプレゼン”が可能になるという。それはなぜか──。

news001.jpg コンバーチブル型を採用した企業ユースのメインストリームモデル──日本HP 「HP Compaq tc4200 Tablet PC」
日本HPから、同社初となるコンバーチブル型のタブレットPC「HP Compaq tc4200 Tablet PC」が登場する。利用シーンに合わせてスタイルを変更できるトランスフォーム型で脚光を浴びた同社製タブレットPCだが、新モデルはイメージを一新し、企業ユースの本流を狙う意欲的な製品に仕上がっている。

news001.jpg オフィスを狙った本格仕様の2スピンドルコンバーチブル型タブレットPC──富士通「FMV LIFEBOOK T8210」
「FMV LIFEBOOK T8210」は、携帯性を重視したB5サイズの2スピンドルコンバーチブル型タブレットPCだ。タブレットモード、ノートPCモードのどちらも快適に使用できるハイスペックを備えており、オフィスユースに適した魅力的なマシンに仕上がっている。

news003.jpg TabletPCでペーパーレス化や広告イメージの具体化・共有化を実現
アカウントマネージメントパーソンにとって、クライアントに関するあらゆる資料・情報は“ビジネスのなる木”だ。だが、それらをすべてため込もうとすると、今度はその量に飲み込まれて身動きができなくなってしまう……。マッキャンエリクソンに勤めるあるアカウントマネージメントパーソンは、TabletPCを使うことでその矛盾を克服した。

news002.jpg タブレットPC・ガールの旅日記Vol.8「東京ベイエリアに行きました」
KAORI(臼田 華織)、歌って踊れるキャンペーンガール&モデルユニット「IT GIRLS」のメンバー。所属はアトランティックス マネージメントです。柔らかな初春の日差しに誘われ、葛西臨海公園からパレットタウン、お台場海浜公園まで、東京ベイエリアをぐるっと回ってきました。