ニュース
» 2005年02月24日 14時46分 公開

ベアボーンキット:AOpen、FSB533MHz Pentium M搭載可能なキューブ型ベアボーンキット

AOpenは、FSB533MHzベースのPentium Mを搭載可能なキューブ型ベアボーンキット「XC Cube EZ855-II」を発表した。価格は4万6000円前後。

[ITmedia]

 AOpenは2月24日、Pentium MおよびCeleron Mを搭載可能なキューブ型ベアボーンキット「XC Cube EZ855-II」を発表、3月上旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は4万6000円前後。

photo XC Cube EZ855-II

 XC Cube EZ855-IIは、昨年12月に発売されたキューブ型ベアボーンキット「XC Cube EZ855」の後継モデルで、新たにFSB533MHzに対応した。その他スペックはほぼそのまま継承しており、マザーボードとしてIntel 855GMEチップセット搭載製品を採用、DothanおよびBaniasコア対応のPentium MあるいはCeleron Mをサポートする。メモリスロットは2本で、PC3200に対応し最大2Gバイトまで搭載可能。

 グラフィックスにはIntel 855GMEチップ内蔵のIntel extreme graphics 2が利用可能で、拡張スロットはAGP 4X ×1、PCI×1が利用できる。主なインタフェースはUSB2.0×2、IEEE1394×1、D-Sub出力×1、PS/2×2、S-PDIF出力×1、オーディオ出力×1となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう