ニュース
» 2005年03月08日 12時05分 UPDATE

カノープスなど3社、中規模放送局向けデジタル映像配信システム

カノープス、日本IBM、ネットワンシステムズは3社共同で、中堅・中小規模放送局、CATV放送局向けのデジタル映像配信・保存ソリューションの提供を開始した。従来のAPCと比べ3分の1の投資コストで済むとしている。

[ITmedia]

 カノープス、日本アイ・ビー・エム(IBM)、ネットワンシステムズは3月8日、3社共同で中堅・中小規模放送局、CATV放送局向けのデジタル映像配信・保存ソリューション開発を発表、同日より提供を開始した。

 本システムは、デジタル映像を取り込み、蓄積し配信するカノープスの技術、日本IBMのIAサーバ「IBM eServer xSeries」およびストレージ「IBM TotalStorage DSシリーズ」、ネットワンシステムズのネットワークソリューションを組み合わせたもの。

 システム利用により、現行のアナログ放送を放映と同時にデジタルデータとしてストレージに保存が可能。ビットレート6MbpsのMPEG-2データの場合、1Tバイトストレージに約350時間分記録でき、将来のデジタル放送への対応、他局への再販やインターネット放送への二次利用などに利用できる。

 最小構成価格で500万円から、放送業界で使用されるAPC(自動送出システム)保存機能とネットワーク構成を加えた平均的構成で1000万円ほどと、従来のシステムと比べ3分の1の投資コストで済むとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.