ニュース
» 2005年03月22日 18時03分 UPDATE

エルピーダ、DDR2-800 SDRAM製品化

エルピーダメモリは、モジュール搭載により6.4Gバイト/秒のデータ転送を実現する800MHz駆動・265ビットDDR2 SDRAMの製品化を発表した。量産開始は5月より。

[ITmedia]

 エルピーダメモリは3月22日、800MHz動作が可能な256ビットDDR2 SDRAM製品化を発表した。

photo DDR2-800 SDRAM

 このDRAM搭載によりメモリモジュール1枚で最大6.4Gバイト/秒の転送速度を実現する。電源電圧は1.85ボルト、100ナノメートルプロセスを採用する。システムパフォーマンスを徹底的に追及するハイエンドPCユーザー向けとして、8Mワード×8ビット×4バンクの「EDE2508ABSE-GE-E」、4Mワード×16ビット×4バンクの「EDE2516ABSE-GE-E」の2種類がラインアップされる。

 量産開始は2005年5月より。A-DATA、Transcendなどのメモリモジュールメーカーより発売される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.