ニュース
» 2005年05月30日 16時54分 公開

パナソニックコミュニケーションズ、動作検知機能対応ネットワークカメラ

パナソニック コミュニケーションズは、IPv6対応のネットワークカメラ「BB−HCM110」を発表した。価格は5万2290円。

[ITmedia]

 パナソニック コミュニケーションズは5月30日、IPv6対応のネットワークカメラ「BB−HCM110」を発表、6月10日より発売する。価格は5万2290円(税込み)。

photo BB−HCM110

 BB−HCM110は、IPv4/IPv6対応のWebサーバ機能ネットワークカメラで、32万画素のCMOSセンサーを搭載、JPEG形式の静止画キャプチャー、およびMotion JPEG形式の動画撮影に対応する。

 最大10倍のデジタルズームを内蔵するほか、左右60度のパン動作、上下32度のチルト動作も可能となっている。また動体検知機能を搭載しており、検知時の画像とその前後の画像の保存、およびメールやFTPへの転送が可能。パン機能やチルト機能と組み合わせることによって、動体の検知によってあらかじめ設定されている角度にレンズの向きを変更する、といった設定を行うこともできる。

 本体内にはマイクを内蔵しており、外付けスピーカーを接続することで、PCとの双方向通信を行うことも可能となっている(双方向同時通信は未対応で、相互切り替え型のトランシーバー方式による通信となる)。

 マルチカメラ機能に対応しており、同一ブラウザ上で最大4台までのカメラコントロールが可能。静止画のみ場合には、4台1組のコントロールを3組表示させることで最大12台のカメラの同時管理に対応している。

 画像解像度は最大640×480ドット。フレームレートは640×480ドット時で最大12枚/秒、320×240ドット時で最大30枚/秒となっている。

 インタフェースは10/100BASE-TX対応LAN×1、マイク入力、ライン出力、センサー用I/Oコネクタ×3(入力×2、出力×1)を備える。対応OSは、IPV4利用時でWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP(SP1以降)、IPv6利用時でWindows XP(SP1以降)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう