レビュー
» 2005年08月17日 14時43分 UPDATE

Sempron 2800+搭載で10万円以下を実現――ソーテック「WinBook WV761」 (1/2)

ソーテックから、AMD製CPUを搭載したノート2製品が登場した。モバイルSempron 2800+を搭載して10万円を切る「WinBook WV761」とTurion 64 MT-28を搭載するパワーユーザー向けの「WinBook WV830」だ。まずはモバイルSempron 2800+を搭載するWinBook WV761を試してみる。

[池紀彦,ITmedia]

CPUクロックが上がったマイナーチェンジモデル

 ソーテックは、4月に発売したばかりの同社のSempron搭載低価格ノート「WinBook WV760」のマイナーチェンジモデルとして、新たに「WinBook WV761」発売した。前モデルと同価格ながら、CPUをモバイルSempron 2600+から2800+に、HDD容量を40Gバイトから60Gバイトにアップしているのが主な変更点となる。メモリは256MBのPC2700/256Mバイトを標準で搭載する。

 10万円以下という低価格ノートながら、2層式DVD+Rの書き込みに対応したDVDスーパーマルチドライブを標準で備えるのも評価したい。

kn_wv761zen.jpg WinBook WV761はSempron 2800+にメインメモリPC2700/256Mバイト、HDD60Gバイトを搭載する

 モバイルSempron 2800+の動作クロックは1.6GHz。チップセットはSiS M760と963Lの組み合わせで、グラフィックス機能はチップセット内蔵のものを使用する。液晶ディスプレイのサイズは15インチで最大解像度は1024×768ドット。購入時にカスタマイズはほとんど行えず、Microsoft Office 2003やFDDの有無が選べる程度だが、メモリについては512Mバイト搭載モデルが用意されている。

 スペック表記上のバッテリー駆動時間は2.2〜2.4時間だが、実際どの程度なのかをテストしてみた。バッテリー駆動になると、CPUクロックは自動で400MHzに設定されるので、その状態で液晶の輝度を最大にした上で、フリーのバッテリ測定ベンチマークテストツール「BBench Ver1.01を用いて バッテリー駆動時間を測定。その結果は「約2時間10分」と液晶輝度を最大にしている点を考慮すれば十分スペック値に迫るものだった。

kn_wv761migi.jpg 右側面にはUSB 2.0×3、IEEE 1394×1、TypeII対応PCカードスロットを備える

kn_wv761left.jpg 左側面にはLANとモデル、光学ドライブが用意されている

kn_wv761back.jpg

kn_wv761mae.jpg 背面にはVGA、正面にはSDカードとメモリースティックに対応したカードスロットが用意されている

入力デバイスはていねいな作りこみ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.