ニュース
» 2005年08月31日 13時00分 UPDATE

日立、新高画質化機能搭載の「Prius Note」2005年秋冬モデル

日立製作所は、色補正機能付き高画質チューナー搭載のノートモデル「PN37NT」など、「Prius Note」シリーズの2005年秋冬モデルを発表した。

[ITmedia]

 日立製作所は8月31日、色補正機能付き高画質チューナー搭載のノートモデル「Prius Note PN37NT」含む、Prius Noteシリーズ新モデルを発表、9月10日より順次発売する。価格はいずれもオープン、予想実売価格はPN37NTが18万円前後、PN55Nが20万円前後、PN33Nが16万円前後。

photo PN37NT

 PN37NTは、ハードウェアMPEG-2エンコード対応のキャプチャーユニットを搭載するノートモデル。CPUとしてCeleron M 370(1.50GHz)を搭載、1024×768ドット(XGA)表示対応の15インチスーパーラスタービューEX液晶を内蔵する。

 色再現性に優れる高画質化機能により、キャプチャー画像をTV画面に近い色味表現で視聴できる。また、ダイレクトオーバレイ表示にも対応し、リアルタイムでのTV視聴時にはブロックノイズがない映像での視聴を可能としている。

 搭載メモリは512Mバイト、HDDは100Gバイト、2層DVD±R対応スーパーマルチドライブを内蔵する。

photo Prius Note PN55N(左)/Prius Note PN33N(右)

 Prius Note PN55NおよびPN33Nは、ワイヤレスLAN機能を内蔵するスタンダードモデルのノートPCで、PN55NはIEEE802.11a/b/g、PN33NはIEEE802.11b/gに対応。双方ともディスプレイとして1024×768ドット(XGA)表示対応の15インチスーパーラスタービュー液晶を内蔵している。

 搭載CPUは、PN55NがPentium M 750(1.86GHz)、PN33NがCeleron M 370(1.50GHz)。搭載メモリはPN55Nが512Mバイト、PN33Nが256Mバイト。搭載HDDはPN55Nが100Gバイト、PN33Nが80Gバイト。光学ドライブは双方とも2層DVD±R対応スーパーマルチドライブを内蔵する。

 PriusNoteシリーズの主な仕様は以下の通り。

製品型番Prius Note PN37NTPrius Note PN55NPrius Note PN33N
CPUCeleron M 370(1.5GHz)Pentium M 750(1.86GHz)Celeron M 370(1.5GHz)
メモリPC2100 DDR SDRAM 512MバイトPC2700 DDR SDRAM 256Mバイト
HDDUltra ATA 100GバイトUltra ATA 80Gバイト
光学ドライブ2層DVD±R対応スーパーマルチドライブ
ディスプレイ1024×768ドット(XGA)表示対応 15インチスーパーラスタービューEX液晶1024×768ドット(XGA)表示対応 15インチスーパーラスタービュー液晶
グラフィックスチップセット内蔵
通信10BASE-T/100BASE-TX
無線LANIEEE802.11a/b/gIEEE802.11b/g
TVキャプチャー機能ハードウェアMPEG2エンコード対応TVチューナー
インタフェースUSB2.0×4、PCカードスロット×1、4メディア対応メモリーカードスロット、コンポジットビデオ入力(PN37NTのみ)、ビデオ音声入力(PN37NTのみ)、マイク入力、光デジタル出力
バッテリ使用時間約1.8時間約2.5時間約1.3時間
予想実売価格18万円前後20万円前後16万円前後
発売日2005年9月10日2005年9月16日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう