ニュース
» 2005年10月04日 17時30分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2005:大画面TVにつなげる“しかない”リビングVAIO登場──VAIO type X Living

CEATEC 2005会場で、本日発表されたリビングVAIO「VAIO type X Living」および8チャンネル同時録画が行えるビデオレコーダー兼サーバユニット「Xビデオステーション」が展示されていた。type X LivingはHDMIを搭載し、かつそのデザインからも、完全リビング設置向けモデルとなっている。

[岩城俊介,ITmedia]

 本日4日より開催されているCEATEC JAPAN 2005 ソニーブースにて、本日発表された「VAIO type X Living(VGX-XL70S)」が早速展示されていた。

photo VAIO type X Living(下)とXビデオステーション(上)。左のノートPCも本日発表された「VAIO type F light」の“ホワイト”と“オリーブグリーン”

 VAIO type X Livingは、昨年発売されたVAIO type Xのいわゆる派生モデルとして、AVサーバ機能を強化させ、リビングルーム設置での使用が提案されたモデルとなっている。

 なおVAIO type Xの大きな特徴であった、1TバイトHDDと3チューナー×2による“X3ビデオサーバユニット”にて6番組同時録画をOS起動なしで実現する録画機能は、別機器となる「Xビデオステーション(VGX-XV80S/40S)にて実現される。

 VAIO type XはデュアルコアのPentium D 820、Intel 945Pチップセット搭載マザー、DDR2 SDRAM、SerialATA対応HDD、2層DVD+R対応のスロットイン式DVDスーパーマルチドライブを搭載し、メモリ容量/HDD容量/チューナーカードの種類といった構成をユーザーで指定できる「VAIO オーナーメードモデル」なるメニューにて用意される。価格は18万円から。

VAIO オーナーメードモデルの種類
メモリ容量1Gバイト(512Mバイト×2)512Mバイト(256Mバイト×2)
HDD容量1Tバイト(500Gバイト×2)500Mバイト(250Gバイト×2)
チューナー・キャプチャーカードBSデジタル・地上波デジタル・110度CS対応デジタルチューナー+(アナログ)地上波ダブルチューナー(アナログ)地上波ダブルチューナーのみ

 そのイメージは、まさしくAV機器同様。従来モデルVAIO type Xのデザインも今までのPCとはやや離れ、かつ存在感のあるイメージであったが、存在感というよりはリビングルームに設置したほかAV機器にとけ込む・調和する(であろう)ものとなっているように感じる。

photo

 上段のダーク系パネル部分にはスロットインタイプのDVDスーパーマルチドライブが、下段アルミ調パネルは前面に開くことができ、内部にメモリースティック(PRO含む)/SDメモリカード/CF/スマートメディア/xDピクチャーカード対応のメモリカードリーダー、USB2.0×2、IEEE1394b、マイク/ヘッドフォン(大)端子、S-Video/RCA入力、B-CASカードスロットが備わる。

photo 上段にスロットインタイプのDVDスーパーマルチドライブ、下段のカバーを開けると、メモリカードスロット、USB、AV入力などが搭載される

 背面インタフェースは、BSデジタル/110度CS・地上デジタル入力端子(VAIO オーナーメードモデル)、地上アナログキャプチャー入力系、D4出力端子、RCA音声入出力、光デジタル入出力、同軸デジタル出力、無線LAN外部アンテナ接続端子、LAN、USB、IEEE1394など、そしてインタフェースパネル左端にHDMI端子を備える。

 なおDVIやアナログVGA端子といった、従来のPCディスプレイに接続するためのインタフェースは搭載されず、HDMIやD4(ないしS-Video/RCA)にてTVと接続し、リモコンあるいはワイヤレスキーボードにより操作する方法となる。まさにリビングルーム専用、「HDMI/D4入力端子付き大型TVへ接続して使いなさい」というイメージである。(編集部注:初出にて「S-Video/RCA出力端子もある」とありましたが、S-Video/RCA出力は搭載されません。お詫びして訂正します。)

photo HDMIをはじめ、D4、光デジタル、同軸デジタルなど入出力インタフェースはとくに豊富。ただしDVI/アナログVGAといった従来のPCディスプレイ接続用インタフェースは最初から備わらない
photo キーボードは到達距離10メートルとなる独自2.4GHz帯無線方式を採用し、右側にトラックパッド+Felicaリーダーを備えるワイヤレスモデルと、操作用リモコンが付属する

 Xビデオステーションは、1枚のボードに8基チューナーが搭載され、地上アナログ放送を8番組同時に録画できる同時多チャンネル録画対応ビデオレコーダー兼サーバユニット。

 1基あたり4ストリームぶんの同時入力・処理が可能なMPEGエンコードチップ“XCode II”を2基搭載し、2TバイトHDD搭載時で8チャンネルの番組を、最大約3週間ぶん(長時間モードで1日約20時間ほど放送があると仮定)も録画が行えるとしている。

photo Xビデオステーション
photo 8連チューナーとXCode II×2搭載のシステムボード

 同機で録画した番組はPCないしTVにて視聴でき(S-Video/RCA映像・音声出力端子が付属)、LAN経由にてPCに転送し、保存することもできる。

photo Xビデオステーションの背面インタフェース。S-Video/RCA入力2系統、出力1系統を備える

 価格は250GバイトHDD搭載の「VGX-XV40S」が8万9000円から、500GバイトHDD搭載の「VGX-XV80S」が14万9800円から、発売(受注開始)は10月25日。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.