ニュース
» 2005年11月07日 15時16分 UPDATE

日立、身体障害者向け意志伝達装置「伝の心」搭載のノートPC

日立製作所は、身体障害者向けの意志伝達装置「伝の心」の改良版を製品化、11月8日より発売を開始する。学習リモコンとプリンタ、入力センサー接続ケーブルとノートPC本体のセットとなっており、価格は50万円。

[ITmedia]

 日立製作所は11月7日、身体障害者向けの意志伝達装置「伝の心」の改良版を製品化、11月8日より発売を開始する。価格は50万円(非課税品)。

photo 伝の心

 伝の心は、ノートPC本体と「伝の心」専用ソフト、入力用センサー、学習リモコンからなるセット製品で、身体障害者向けのPC利用のほか、エアコンやテレビなど赤外線ポートを利用可能な機器のコントロールなどをサポートする。

 今回の新モデルは、PC本体のモデルチェンジとソフトウェア改良により使い勝手を向上させているのが特徴となる。ハードウェア面では、高輝度15インチ液晶パネル搭載モデルを採用し視認性を向上させたほか、有線/無線LANに両対応。ソフト面ではより簡単な手順でメール送信を実現する「一発メール送信」機能や、マウスカーソル周辺の常時拡大表示機能などが加えられている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.