ATOK 2006
PR
Special
2006年03月27日 00時00分 更新

座談会:

なぜATOKを使い続けるのか、その理由を語ろう (1/4)

Windowsには標準で日本語入力システムが付属している。にもかかわらず、自腹を切ってまでATOKを購入し、使い続ける理由は何か。世代やバックグラウンドが異なる3名のATOK愛用者にお集まりいただき、その理由をざっくばらんに語ってもらった。

なぜ自腹を切ってまで、ATOKを使い続けるのか

 Windowsには日本語入力システムが標準で付属している。代を重ねるごとに賢くなり、「それなりにちゃんと使えるのだから、標準付属の日本語入力システムでも別にいいのでは?」と考えるユーザーが増えているのも事実だ。

 だがその一方で、少なからぬ費用をかけてまでATOKを使い続けているユーザーもまた、数多くいる。なぜ彼らは、そこまでしてATOKを愛用し続けているのか?

 日本語入力システムの変遷を見続けてきた古参ライターの松井幹彦氏、教科「情報」の現職高校教師で一太郎やWord、Excel関連の著作を持つ川越裕之氏、PCUPdate編集長 田中宏昌の3名のATOK愛用者にお集まりいただき、その理由をざっくばらんに語ってもらった。


ITmedia まず最初に、皆さんのプロフィールとATOK歴をご説明ください。

mk_atok2006_matsui.jpg 松井幹彦 Mikihiko Matsui
年老いた(?)ライター。初代の一太郎(正確にはjX-WORD/太郎)からのユーザーだが、ATOK、MS IME以外に、松茸、Katana、VJE、EGBRIDGE、WXなどさまざまな日本語入力システムを利用してきた。著作は「金持ちAさんになるエクセルの賢い使い方」(技術評論社)、「Excelのビジネス成功法則」(毎日コミュニケーションズ)など。Webサイト「OpenOffice.orgユーザーのためのMicrosoft Office互換性研究室」を主宰。渋谷のロックバー「GRANDFATHER'S」のオーナーでもある。

松井幹彦氏(以下、松井) 一太郎は最初のバージョン、「jX-WORD/太郎」の時代から使っています。ATOKも最初から。そのころからずっとライターをやっていますので、ワープロソフトが出るたびに機能比較などの記事を書いてきました。

 記事を書き始めたのは、「Oh! 16」(1984年創刊)が創刊された頃です。ゲーム系から一般PC系に読者対象を変更して月2回刊になった頃からは、「Oh! PC」(1982年創刊)にも原稿を書き始めました。当時、ワープロ特集はほとんど執筆を担当していましたので、さまざまな製品が世に出て激しい競争を繰り広げていた頃から、ずっと変遷を見てきています。

ITmedia ライターの仕事を始められたのはいつ頃ですか?

松井 PC-9801が出たときからです。1982年でしたでしょうか。パソコンが16ビットになり、漢字がちゃんと使えるようになったと聞いたので、仕事に使えるかなと考えてPC-9801を導入しました。一式120万円ぐらいしたでしょうか。ロックバーを渋谷で経営していますので、給与計算やレコードのデータベース化などで使い始めたわけです。

 たまたまその頃にOh! 16を立ち上げた編集者と知り合い、勧められて記事を書き始めたのがライターとして仕事を始めたきっかけです。その編集者と知り合ってすぐでしょうか。「徳島に面白い会社があって、すごく一所懸命やってる人がいるんだけど、ソフトを見てみないか」といって手渡されたのがjX-WORD/太郎でした。いやぁ、もう画期的でした。連文節変換ができましたので。

川越裕之氏(以下、川越) 公立高校の教員で、元々は数学を教えていました。その後「情報」という新教科ができましたので、その免許を取り、今は教科「情報」を教えています。

mk_atok2006_kawagoe.jpg 川越裕之 Hiroyuki Kawagoe
コンピュータ大好きの、元「数学」、現「情報」教員。情報の免許取得後3年目に当たる今年、元の教科に戻る機会があったが放棄した。1990年代前半より「川越裕之」のペンネームでPC雑誌に記事を書き始める。一太郎、Word、Excel、Web関連の著作を持つ。一太郎をこよなく愛するがゆえに、一太郎を使ったことのない若者をほんの少し軽蔑してしまう、悲しい中年。

 一太郎との付き合いは、1980年代中頃に教員になってからです。「一太郎Ver.2」をパソコン教室整備と同時に導入し、授業等で活用したのが最初でした。本格的に使い始めたのは「一太郎Ver.3」からです。それ以前にはPC-8001用の日本語入力システムを使っていたのですが、やはりATOKはすばらしく、こんなにスラスラ文章が打てるのかと感動したことを覚えています。

  私は一太郎一筋で、ちょっとした文章を書くときでもエディタは使わず、一太郎+ATOKの組み合わせで使っています。キーボードとマウスの往復はストレスがたまり、思考も分断されてしまいがちですが、ESCメニューとJWキー割付を有効にすれば、大部分の操作がキーボードだけで行えますので。もちろんDTP的に使うときは、マウスも利用しますけれども。

 ただ、今の学校の指定ワープロソフトは、ビジネスで一番使われていると言うことでWordなんですよ。それがとても悔しく、今でも一太郎を使い、PDFで出力して生徒に配布するとか、抵抗を続けています(笑い)。どうしても仕方のないときはWordを使いますが、やっぱり馴染めない。それくらい一太郎に惚れ込んでいます。

       1|2|3|4 次のページへ

[栗田昌宜,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社 ジャストシステム
企画:アイティメディア営業局/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2006年4月19日

ATOK 2006

バックナンバー


なぜATOKを使い続けるのか、その理由を語ろう
Windowsには標準で日本語入力システムが付属している。にもかかわらず、自腹を切ってまでATOKを購入し、使い続ける理由は何か。世代やバックグラウンドが異なる3名のATOK愛用者にお集まりいただき、その理由をざっくばらんに語ってもらった。

なぜ日本語入力のために、わざわざお金をかけるのか──私が「ATOK」を手放せないワケ
Windowsには日本語入力システムが標準で付属している。一方ジャストシステムの「ATOK」は価格が1万1550円(電子辞書セット:税込み)と決して安くない値段だ。タダ対有料。0円対1万1550円。タダで付いてくる日本語入力システムがあるのにもかかわらず、なぜわざわざ少なからぬお金を費やしてまでATOKを使うのか? 日本語入力システムの変遷をずっと見てきたパソコン黎明期からのライターで、実業家でもある松井幹彦氏がその秘密に迫る。

関連記事

一太郎でマスターする、人を納得させる文書作成のテクニック
この物語は、中堅商社に勤める若手ビジネスマンの奮闘を描いたイメージストーリーである。面白く読んでいただけるようコメディタッチに仕上げたが、盛り込まれている内容は実際の会社でも目にするものばかりだ。読み手を納得させる文書作成のテクニックをイメージストーリーに沿って見ていこう。

「生協の白石さん」など最新流行語を収録したATOK 2006用辞書を提供──ジャスト
ジャストシステムは、ATOK 2006ユーザー向けの最新流行語/時事用語辞書「goo流行語辞書 for ATOK 2006」の無償ダウンロード提供を開始した。

正しく、そしてより効率よく──さらにかしこくなった「ATOK 2006」を試す
日本語を使う我々がPCで文字を入力する場合、漢字変換というPCならではの作業が発生し、そのため日本語入力システムが必須となる。なかでもATOKはPC黎明期から優れた日本語入力システムとして知られ、しかも年々進化している。今回はその2006年版となる「ATOK2006」を前バージョンと比較し、どこまでかしこく使いやすくなっているかを試してみた。

ジャスト、ATOK2006用専門用語変換辞書・連携電子辞典を発売
ジャストシステムは、「ATOK2006」用の専門用語変換辞書15製品、および連想変換辞書/連携電子辞典など4製品の計19製品を発表した。

ジャスト、2006年度版「一太郎/ATOK/花子」を発表
ジャストシステムは、一太郎/ATOK/花子シリーズの最新版、「一太郎2006」「ATOK 2006」「花子2006」を発表、2006年2月10日より発売する。今回のバージョンでは、文書作成そのものに加えて「第3者に伝えるために役立つ機能」がとくに強化された。