ブログ つぶやく

ニュース
2006年04月21日 15時00分 更新

価格は10万円超──アイ・オー、PC用記録型Blu-rayドライブを発表

アイ・オー・データ機器は、本日発表されたパナソニック四国エレクトロニクス製ドライブを採用する、PC用Blu-rayドライブを6月に発売する。ATAPI内蔵/外付けUSB接続の2モデルを用意する。価格はATAPI内蔵タイプの「BRD-AM2B」で10万5000円から。

 アイ・オー・データ機器は4月21日、PC用Blu-rayドライブ「BRD-M2」シリーズ2モデルを6月上旬より発売すると発表した。ラインアップはATAPI内蔵タイプの「BRD-AM2B」、USB 2.0接続タイプの「BRD-UM2」。価格はBRD-AM2Bが10万5000円(税抜き)、BRD-UM2が11万6000円。

photo USB 2.0外付けタイプの「BRD-UM2」
photo ATAPI内蔵タイプの「BRD-AM2B」

 BRD-M2シリーズは、本日発表されたパナソニック四国エレクトロニクス製ドライブを採用し、2倍速BD-R(1層/2層)、2倍速BD-RE(1層/2層)、4倍速2層DVD±R、8倍速DVD±R、5倍速DVD-RAM、24倍速CD-R記録が行える(実記録速度目安はBlu-ray 1倍速に対し、DVD 3.1倍速)。本体にBD-RE(25Gバイト)メディア1枚を添付する。

 付属ソフトウェアとして、DVDオーサリングソフト「DVD MovieWriter 4.7」、HDVキャプチャー/Blu-rayメディアへのBDAV記録に対応する「BD DiscRecorder 2.5」、BDAV再生ソフト「WinDVD for BD」(HDMV再生に関しては後日案内予定)、DVD/BD-R/BD-REへのデータ記録に対応する「Burn.Now 3」、DVD-RW/BD-REへのパケットライトに対応する「DataAdd 2.5」(UDF 2.5対応)をバンドルする。

 BD動画編集/BDAV再生にはWindows XP SP2以降のOSにて、Pentium 4/2.80GHz以上/搭載メモリ512Mバイト以上(1Gバイト以上推奨)/HDD空き容量 60Gバイト以上のスペックを要するとしている。同じくBDデータ記録に必要なスペックは、Pentium 4/1.80GHz以上/メモリ512Mバイト以上/Windows 2000 Professional SP4・XP SP2となる。

 なお今後登場する予定のBlu-ray映画タイトルを鑑賞するには、HDCP出力対応のNVIDIAあるいはATI製GPU搭載グラフィックスカード(VRAM 256Mバイト以上を推奨)/HDCP対応のDVIないしHDMI入力端子搭載ディスプレイ(上記環境が満たせない場合はHDとならない960×540ドットで出力される)/周波数3GHz以上のデュアルコアCPU(Pentium D 930/830以上など)/Windows XP SP2以降/インターネット回線(著作権保護機能を利用するため)が必要とされている。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!