レビュー
» 2006年05月16日 08時59分 UPDATE

Intel Macの最高峰「17インチMacBook Pro」を徹底検証――Windows機としての実力は? (3/4)

[林信行,ITmedia]

Mac OS X(Rosetta) vs Windows(BootCamp) vs Parallels

 BootCampは確かに凄いが、Mac主体で使う人にとっては実用的ではない。もう片方のOSを使うためにいちいちマシンを再起動しなければならないからだ。そこで最近話題を呼んでいる「Parallels Workstation」(以下、Parallels)についても検証してみた。

 Parallelsでは、せっかくIntel Core Duoマシンでもコア1個分しか活用してくれない。おまけにビデオカードなどを独自にエミュレートしているためそこでも動作に足かせがかかり、DirectXを使ったゲームなどでは動かないものも多い。

 ここではPhotoshtopを使った独自ベンチ、Cinebench、そしてHDBenchを使って、Parallelsでの動作をMac OS X環境やBootcamp環境と比べてみることにした。

og_benches.001.jpgog_benches.002.jpg Photoshopを使って、いくつものフィルタやレイヤー処理からなる複雑なアクションをさせて所要時間を計った(画面=左)。PowerBook G4が速いのは、画面サイズが小さく再描画時間が短いことも関係している。CinemaBenchを使った結果(画面=右)は、Parallelsでは正常に描画が行なわれず不正な結果が出たので外してある。17インチMacBook ProがMac OS XでもWindows XP(Boot Camp)でもOpenGLで速い数値が出ているのは、搭載されているMOBILITY RADEON X1600が15インチMacBook Proのものよりも性能が高いことを示唆している
og_benches.003.jpgog_benches.004.jpg 定番ベンチマークソフトHDBenchでParallelsとBoot CampのWindows XP環境の比較をしたところ。Parallelsの方が遅いことは遅いが、それなりに健闘していることが分かる。ただし、DirectXを多用したゲームなどはできないことが多い

 Parallelsだけ極端に遅いという結果は案の定だったが、それよりも面白いのはPhotoshopの比較だ。結果を見ると、17インチMacBook ProのMac OS X上でRosetta技術経由で(現バージョンの)Photoshopを使うよりは、BootcampでWindows環境に切り替え、Windows版のPhotoshopを使ったほうが速いのだ。ただ、このWindows版PhotoshopもPowerBook G4でネイティブ動作するPhotoshopよりは遅い。つまり、現時点でPhotoshopを使うなら、(画面解像度の違いはあるが)PowerBook G4がベスト、次点がBootcamp上でWindows版ということになりそうだ。

 なお、Bootcampと比べるとスピードが遅いParallelsだが、Officeなどを動かしたり、2D系のアクションゲームなどをするぶんにはまったく問題ない。他社からも続々とIntel Core Duo搭載のノート型機が発売されてきているが、Mac OS XとWindows XPの2つのOSが楽しめるのはIntel Macだけだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう