ニュース
» 2006年05月31日 17時31分 UPDATE

バッファロー、WPA2対応の無線LANカード「WLI-CB-AMG54S」

バッファローは、無線LANセキュリティ規格のWPA2に対応するPCカード型無線LANカード「WLI-CB-AMG54S」を発表した。価格は7200円。

[ITmedia]
photo WLI-CB-AMG54S

 バッファローは5月31日、無線LANセキュリティ規格のWPA2に対応する無線LANカード「WLI-CB-AMG54S」を発表、6月下旬より出荷する。価格は7200円。

 WLI-CB-AMG54Sは、CardBus接続に対応する無線LANカードアダプタで、IEEE802.11a/b/gの3規格に対応。WPA2を標準でサポートするほか、従来規格のWPAにも対応。データ暗号化としてAESのほかTKIP/WEP(64/128bit)などもサポートされる。

 本体サイズは54(幅)×119(奥行き)×5〜6(高さ)ミリ、重量は45グラム。対応OSはWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP。


 またバッファローは、従来モデルの無線LAN機器の計8製品について、セキュリティ規格のWPA2に対応したと発表した。

 対応した製品は、無線LANカード6製品「WLI-CB-AMG54S」「WLI-CB-AMG54E」「WLI-CB-AMG54HP」「WLI-CB-AG54」「WLI-CB-G54HP」「WLI-CB-G54S」、およびアクセスポイント2製品「WAPM-HP-AM54G54」「WAPS-HP-AM54G54」。無線LANカード製品については、WPA2への対応には「クライアントマネージャ3」Ver.1.2.0以降、および「BUFFALO Wireless LAN Driver Disk」Ver.8.30以降の適用が必要としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.