ニュース
» 2006年08月03日 16時46分 UPDATE

富士通、デスクトップWS「CELSIUS」にCore 2 Duo搭載モデルを追加

富士通は、CPUとしてIntel Core 2 Duoを搭載可能なデスクトップWS「CELSIUS N450」を発売した。カスタマイズによりQuadro FX 1500の搭載にも対応、従来モデル比で最大3倍の処理速度を実現する。

[ITmedia]
photo CELSIUS N450

 富士通は8月3日、Intel Core 2 Duoの搭載に対応するデスクトップWS「CELSIUS N450」を発表、発売を開始した(出荷開始は8月25日)。BTOカスタマイズに対応、価格は20万9000円から。

 CELSIUS N450は、ミドルタワー筐体を採用するデスクトップWSで、マザーボードにIntel 975X Expressチップセット搭載製品を採用。搭載CPUはCore 2 Duo E6300/E6600/E6700を選択できるほか、オプションとしてグラフィックスカードにNVIDIA Quadro FX 1500/NVIDIA Quadro FX 3500搭載製品を利用可能で、同社従来製品比で最大約3倍もの高速処理が可能となっている。

 標準搭載メモリはDDR2 1Gバイト、HDDは80Gバイト。TCG準拠のセキュリティチップを標準搭載するほか、USBポートの利用を制限するセキュリティソフト「Portshutter」などを添付する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう