ニュース
» 2006年08月15日 13時58分 UPDATE

デル、バッテリー自主回収の国内対応を発表

バッテリーが原因と見られるDell製ノートPCの出火事故に関して、同社は史上最大規模のリコールを発表、国内でも対応が始まった。

[ITmedia]

 デルは8月15日、米Dellが8月14日に発表したバッテリーのリコールを受け、国内でも対応を開始した。

og_bt_001.jpg 対象となるバッテリーパックの形状

 自主回収の対象となるのは、Dell Latitude、Inspiron、XPSおよびDell Precision Mobile Workstationに搭載されて販売された特定のバッテリー。このソニー製セルを使ったノートPC用のバッテリーは、「極めて稀ながら、過熱した結果発火する可能性がある」という。なお、これらのバッテリーは、2004年4月1日から2006年7月18日にかけて出荷されており、修理交換用として販売された可能性もあるとしている。

 リコールの対象となるのは上記のPCすべてではなく、バッテリーのロットによって異なり、該当バッテリーの判別はバッテリーパックの背面に記載された部品番号で確認できる。詳細な情報は同社サイトに公開されている(無償交換の手続きはオンラインで行うことができる)。

 なお、自主交換の対象となっているのはワールドワイドベースで410万台のノートPC用バッテリーとなるが、国内で販売された該当数についてはノーコメントだった。

og_bt_002.jpg 自主回収対象部品番号

 なお、この件についてソニー広報に問い合わせたところ、発火事故の一因がソニーエナジー・デバイス製のバッテリーセルにあるとしながらも、(わずかな可能性として)実際の発火にいたるまでには、該当バッテリーを搭載する機種の構成や充電環境の組み合わせにも原因があるという。

 同セルはソニーのノートPC「VAIO」シリーズでも一部採用されているが、これが原因で不具合を示す報告は受けていないとコメントしている。(14:47追記)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.