ニュース
» 2006年08月22日 13時13分 UPDATE

キヤノン、4800dpi対応モデルなどミドル/エントリースキャナ4製品を発表

キヤノンは、4800dpiスキャン対応モデルとなる「CanoScan 8600F」「同 Lide 600F」「同 4400F」、2400dpi対応モデルの「CanoScan Lide 70」の計4製品を発表した。

[ITmedia]
photo CanoScan 8600F(上)、CanoScan 4400F(下)

 キヤノンは8月22日、4800dpiスキャン対応モデルとなる「CanoScan 8600F」「同 Lide 600F」「同 4400F」、2400dpi対応モデルの「CanoScan Lide 70」の計4製品を発表、9月上旬〜中旬にかけ発売する。価格はいずれもオープン、予想実売価格はCanoScan 8600Fが2万5000円前後、CanoScan Lide 600Fが2万円前後、CanoScan 4400Fが1万6000円前後、CanoScan Lide 70が1万円前後の見込み。

 CanoScan 8600F/4400Fは、CCDセンサーを搭載しフィルムスキャンにも標準対応するモデルで、ともに4800×9600dpiの高解像度スキャンに対応する。本体ボタンから各種機能を呼び出せる「EZボタン」を従来モデルから強化し、計7ボタンを装備。うちPDFスキャン向けボタンを計4つに拡張しており、PDFスキャンを本体操作のみで完結させることができるようになった。

photo CanoScan Lide 600F(上)、CanoScan Lide 70(下)

 CanoScan Lide 600F/Lide 70は、CISセンサーを搭載する薄型モデルで、スキャン解像度はCanoScan Lide 600Fが4800×9600dpi、Lide 70が2400×4800dpi。双方ともUSBバスパワーにて動作可能となっている。Lide 600Fは通常の平台設置のほか、斜め置きも可能な3Wayポジション対応モデルで、原稿台の枠の1辺をフラットにしたことで原稿をスムーズに設置することができる設計となっている。またLide 600Fは、CISセンサー搭載モデルながらフィルムスキャンにも対応。フィルムアダプタユニットの装着により、35ミリフィルムスリーブ6枚のスキャンに対応している。

 全モデルでスキャンソフトに「ScanGear12」を採用、雑誌スキャン時に発生するとじ部の影を検出/補正することが可能。CanoScan 8600FおよびCanoScan LiDE 600Fは、フィルムスキャン時に高精度のゴミ除去を行なう「FARE Lebel 3」に対応、より鮮明なフィルムスキャンを行なえる。また、本体ボタンから直接呼び出し可能なスキャンソフトとして「CanoScan Toolbox 5.0」を装備、PDF文書作成時に文字列から用紙の傾きを判別して自動補正する「傾き補正」機能や、雑誌スキャン時の裏写りを低減する「裏写り補正」機能等を利用できる。

 ファイル管理ソフトとしては「ファイル管理革命Lite 2.0」を同梱。JEPG/PDF形式ファイルやWord、Excel書類などを一括でサムネイル管理可能できるほか、QRコードの読み取りにも対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.