ニュース
» 2006年09月11日 17時43分 UPDATE

USB外付けHDDからのOSブートを実現する「BOOT革命/USB」がバージョンアップ

アーク情報システムは、外付けHDDからのOS起動を可能とするユーティリティソフト「BOOT革命/USB」の新バージョンを発表した。最大4台までのHDD起動切り替えに対応する。

[ITmedia]
photo BOOT革命/USB Ver.2

 アーク情報システムは9月11日、外付けHDDからのOS起動を可能とするユーティリティソフト「BOOT革命/USB」の新バージョン「BOOT革命/USB Ver.2」を発表、10月6日より発売する。パーティション操作ソフト付属版の「BOOT革命/USB Ver.2 Pro」、および通常版の「BOOT革命/USB Ver.2 Std」の2製品を用意。価格はBOOT革命/USB Ver.2 Proが1万5540円、BOOT革命/USB Ver.2 Stdが1万2390円(双方税込み)。

 BOOT革命/USB Ver.2は、USB外付けHDDからのOS起動を可能とする専用ユーティリティ。USB接続HDDへのOSコピー時に独自の変更を加えるとともに、ブートローダにも独自プログラムを用意することで、BIOSからUSB接続HDDが認識できない場合や、起動順の変更ができない場合にも対応する。

 新バージョンとなる本製品では、最大4台までの複数接続HDDの起動切り替えに対応。また、USB接続HDDからの起動時にパスワード入力による保護を行なうことが可能となった。

 対応OSはWindows 2000 Professional(SP4以降)/XP(SP1以降)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.