ニュース
» 2006年09月26日 12時00分 UPDATE

今年は「テレ・プリ・パッ」元年:新型エンジンと新インクを搭載し勝負をかけるエプソン──複合機は全5モデル

セイコーエプソンが年末商戦に向けて「Colorio」シリーズの新製品8モデルを投入した。内訳は複合機が5モデル、単機能/ダイレクトプリンタが3モデルという構成だ。発売は10月5日から順次行われる。

[ITmedia]

ハードウェアとソフトウェアで大幅な機能強化

 昨年、エプソンは「Epson Color」を前面に打ち出したブランド戦略をとったが、2006年モデルではこのEpson Colorをより進化させた。具体的には、画像処理技術の「オートフォトファイン!EX」が人物補正をさらに強化した「新オートフォトファイン!EX」に、発色性・耐光性・耐オゾン性などを向上させてアルバム保存性寿命を200年に延長した「つよインク200」、そして写真用紙エントリーが追加された「純正写真用紙」の3要素で構成される。これにより、従来機よりも「きれい」「簡単」「はやい」「安心」のおうちプリントが提供できるという。

 また、新開発のAdvanced-MSDT(Multi Sized Dot Technology)ヘッドの採用や、印刷プロセスを並列処理する新開発の画像処理エンジン「REALOID(リアロイド)」を搭載することで、さらなるプリント速度の向上を実現。従来機で人気の高かった複合機PM-A890では約32秒かかったL判フチなし印刷速度が、今年のPM-A920では約23秒に、エントリークラスのPM-A750では約38秒だったのが今年のPM-A820では約25秒に高速化している。

新たに5モデルを投入する複合機

ht_0609ep01.jpg TVプリンティング対応のフラッグシップ「PM-T990」

 ラインアップを一新した複合機では、全5モデルを投入。エントリークラスの顔料インクを採用したPX-A720をのぞき、すべてEpson Colorに対応する。上位モデルのPM-T990とPM-A970は標準で4インチのPhoto Fine Ultra液晶を備え、印刷前に補正内容を確認できる「仕上がりview」を利用できる。また、前面にスロットインタイプのDVD/CD-ROMコンボドライブを搭載しているのも目新しい。

 中でも注目なのは最上位のPM-T990のみ実装されたTVプリンティング機能だ。“放送・通信融合時代のエプソンからの提案”というTVプリンティング機能だが、標準装備のネットワーク機能を使って、ネットTV画面やデータ放送画面の印刷、あらかじめ用意されたxHTML-Printデータの出力、TV側に用意されたメモリカードスロットからの印刷などが行えるものだ。現状では対応TVが、2004年から発売されているPanasonicのVIERA(PZ600、PX600/500/300、LX600/500/300シリーズ)に限定されるが、エプソンによれば来春以降発売されるであろう各社のネットTVに対応する予定とのことだ。同社では、このTVプリンティング機能を「テレ・プリ・パッ」の愛称で積極的に推進していくという。

ht_0609ep02.jpght_0609ep03.jpght_0609ep04.jpght_0609ep05.jpg 左からTVプリンティングとネットワーク機能を省いた上位機PM-A970、PM-A920、エントリーモデルPM-A820、唯一の顔料複合機PX-A720

複合機新モデルのラインアップ
モデル名 PM-T990 PM-A970 PM-A920 PM-A820 PX-A720
Epson Color ×
REALOID ×
インク 染料6色 染料6色 染料6色 染料6色 顔料4色
最小インク滴 1.5ピコ 1.5ピコ 1.5ピコ 1.5ピコ 3ピコ
L判最速印刷 19秒 19秒 23秒 25秒 66秒
スキャナ 4800×9600dpi(CCD) 4800×9600dpi(CCD 3200×6400dpi(CCD) 1200×2400dpi(CIS) 1200×2400dpi(CIS)
液晶 4インチPFU 4インチPFU 3.5インチ 2.5インチ 2.0インチ
コンボドライブ ○(内蔵) ○(内蔵) × × ×
DVTプリント × × × ×
ネガ・ポジスキャン × ×
メモリカードリーダ
有線LAN × × × ×
無線LAN × × × ×
2Way給紙 × ×
IrSimple ×
予想実売価格 5万円台後半 4万円台後半 3万円台後半 2万円台後半 1万円台後半
発売予定日 11月中旬 10月5日 10月5日 10月5日 10月5日

3モデルが追加された単機能/ダイレクトプリンタ

 一方の単機能/ダイレクトプリンタは、A3ノビ対応の「PM-G4500」を筆頭に、A4対応の「PM-G850」、そしてダイレクト機の「PM-D870」が投入された。いずれも染料6色モデルで、Epson Colorをサポートする。ただし、REALOIDエンジンを搭載するのは3.5インチ液晶を備えたPM-D870だけだ。なお、現行のA3機「PX-G5100」と「PM-3700C」、A4機「PX-G930」と「PX-V630」は併売され、ラインアップに残る。

ht_0609ep06.jpght_0609ep07.jpght_0609ep08.jpg 左からA3ノビ対応のPM-G4500、A4機のPM-D870とPM-G850
単機能/ダイレクトプリンタ新モデルのラインアップ
モデル名 PM-G4500 PM-D870 PM-G850
Epson Color
REALOID × ×
インク 6色染料 6色染料 6色染料
最小インク滴 1.5ピコ 1.5ピコ 1.5ピコ
L判最速印刷 25秒 25秒
最大印刷解像度 5760×1440dpi 5760×1440dpi 5760×1440dpi
液晶 × 3.5インチ ×
メモリカードスロット × ×
PictBridge ×
IrSimple × ×
予想実売価格 3万円台後半 2万円台前半 1万円台後半
発売予定日 11月中旬 10月5日 10月5日

 なお、エプソンは詳細は未定としながらも、今回投入した全モデルで次期OSのWindows Vista対応予定をうたっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.