ニュース
» 2006年09月29日 14時25分 UPDATE

日本サムスン、Adobe RGBをサポートするLEDバックライト採用20.1インチ液晶

日本サムスンは、LEDバックライト液晶の採用によりAdobe RGBの色空間に対応する20.1インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster XL20」を発表した。ハイエンド向け機能を搭載しつつ、実売価格16万円前後の低価格を実現している。

[ITmedia]
photo SyncMaster XL20

 日本サムスンは9月29日、プロフェッショナル向けとなる20.1インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster XL20」を発表、11月下旬より発売する。価格はオープン、同社直販サイト「サムスンダイレクト」価格は15万8000円(税込み)。

 SyncMaster XL20は、1600×1200ドット(UXGA)表示に対応する20.1インチ液晶ディスプレイで、LEDバックライト光源を搭載することで、通常の液晶ディスプレイ比で約40%の色域向上を実現。Adobe RGBのRGB色空間をサポートする。

 内部14ビット処理によるなめらかな階調表現を可能としたほか、ハードウェアキャリブレーションにも対応。専用キャリブレーションソフト「Natural Color Expert」、エックスライト製カラーマネジメントツール「huey」などが同梱される。

 表示スペックは、中間階調域応答速度8ms、輝度250カンデラ/平方メートル、コントラスト比1000:1。視野角は上下/左右とも178度。ディスプレイの回転を自動検知して縦画面表示を行なうオートピボットが可能となっている。

 インタフェースはDVI×2(DVI-I×1、DVI-D×1)の2系統を装備。本体サイズは448(幅)×220(奥行き)×390.8(高さ)ミリ(スタンド含む)、重量は7.8キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.