ニュース
» 2006年10月05日 14時02分 UPDATE

日本HP、BTX新筐体採用の企業向けエントリーデスクトップ「dc5700 SF」

日本ヒューレット・パッカードは、BTX準拠の新筐体を採用した企業向けエントリーデスクトップPC「dc5700 SF」を発売する。

[ITmedia]
photo P Compaq Business Desktop dc5700 SF

 日本ヒューレット・パッカードは10月5日、BTX準拠の新筐体を採用した企業向けエントリーデスクトップPC「HP Compaq Business Desktop dc5700 SF」(以下「dc5700 SF」)を発表した。発売日は固定仕様モデルが本日から、カスタマイズ対応モデルが10月10日から。価格は固定仕様モデルが7万5390円から、カスタマイズモデルが6万3000円から(双方税込み)。

 dc5700 SFは、同社製デスクトップPC「dc5100」の後継機種となるエントリークラスの企業向けデスクトップPCで、マザーボードにIntel Q963 Express チップセット搭載製品を採用、TPM1.2準拠のセキュリティチップを標準装備する。筐体は冷却効率を高めたBTX準拠の新デザインモデルで、工具なしでドライブ交換などが可能なツールレス設計となっている。

 搭載CPUとしてCeleron D 351、Pentium D 915/同 945、Core 2 Duo E6300を選択可能。メモリはDDR2 256Mバイト〜512Mバイト(最大4Gバイト)、HDDは80Gバイト〜160Gバイト。光学ドライブはCD-ROM/DVDコンボ/2層対応DVDスーパーマルチドライブを内蔵できる。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-