ニュース
» 2006年11月07日 18時15分 UPDATE

AMD製CPUとワンセグで新境地を開く――デル「Inspiron 1501」発表会

デル初のAMD製CPU搭載ノートPCとなる「Inspiron 1501」と、新オプションのExpressカード型ワンセグチューナーユニット「MonsterTV 1D Expressカード for DELL」が発表された。

[前橋豪,ITmedia]

 デルは11月7日、低価格帯のワイド液晶搭載ノートPC「Inspiron 1501」とエスケイネット製ワンセグチューナーカードのデル専用OEM製品「MonsterTV 1D Expressカード for DELL」の製品発表会を開催した。

Turion 64 X2/Turion 64/Mobile Sempronを一挙採用

tm_0611i1501_01.jpg シルバーを基調としたボディを採用するInspiron 1501

 発表のメインとなるInspiron 1501の説明は、同社クライアント製品マーケティング本部マネージャーの松尾圭介氏が行った。Inspiron 1501は同社がベーシックモデルと呼ぶ低価格機種で、Inspiron 1300の後継に位置づけられる。デルのノートPCでは、初めてAMD製CPUを採用したのがポイントだ。また、BTOメニューを拡充しつつ、ボディデザインを従来の落ち着いたミッドナイトグレーから明るいシルバーを基調としたものに変更した。これらの変更により、初めてPCを購入する個人から大量一括購入を検討する企業までカバーできるモデルになったとしている。価格はMobile Sempron 3500+を搭載したベーシック構成で9万5025円だ。

 購入時に選べるCPUは、Inspiron 1300ではPentium M 740(1.73GHz)もしくはCeleron M 380(1.6GHz)の2種類だったが、Inspiron 1501ではTurion 64 X2 TL-56(1.8GHz)/TL-50(1.6GHz)、Turion 64 MK-36(2.0GHz)、Mobile Sempron 3500+(1.8GHz)と幅広いBTOメニューが用意された。これに伴い、グラフィックス機能は従来のIntel 910GMLから、ATI RADEON X300ベースのグラフィックスコアを内蔵するATI RADEON Xpress 1150に変更され、3D描画性能が向上している。また、エンターテインメント用途に配慮して、液晶ディスプレイは輝度を10%向上させつつ、表面を光沢仕上げにした15.4インチワイドパネル(1280×800ドット)が選べるようになった。詳しくは後述するが、Expressカードスロット(54×1)に装着するエスケイネット製ワンセグチューナーユニット「MonsterTV 1D Expressカード for DELL」がオプションに追加されたのも大きな特徴だ。

tm_0611i1501_02.jpgtm_0611i1501_03.jpgtm_0611i1501_04.jpg 同社クライアント製品マーケティング本部マネージャーの松尾圭介氏(写真=左)。用途に応じて3タイプのCPUを用意した(写真=中央)。従来のInspiron 1300と異なり、ミドルレンジの領域までカバーする(写真=右)
Inspiron 1501の主なスペックと選択可能なBTOメニュー
CPU Turion 64 X2 TL-56(1.8GHz)/TL-50(1.6GHz)、Turion 64 MK-36(2.0GHz)、Mobile Sempron 3500+(1.8GHz)
チップセット ATI RADEON Xpress 1150
メモリ 512Mバイト〜2Gバイト(PC2-4200)
メモリスロット 200ピンSO-DIMM×2
液晶ディスプレイ 15.4インチワイドTrueLife(光沢)、15.4インチワイド非光沢、14.1インチワイド非光沢(2007年1月発売予定)
画面解像度 1280×800ドット
HDD Serial ATA 120Gバイト/80Gバイト/60Gバイト(5400rpm)
グラフィックス チップセット内蔵
光学ドライブ DVD+R DL対応DVD±RW、コンボドライブ
有線LAN 100BASE-TX/10BASE-T
無線LAN Dell Wireless 1490(IEEE802.11a/g/b)、Dell Wireless 1390(IEEE802.11g/b)
FAXモデム V.92対応56kbps
キーボード 日本語91キー
ポインティングデバイス タッチパッド
バッテリー リチウムイオン(6セル)
OS Windows XP Professional(SP2)、同Home Edition(SP2)
外形寸法 356(幅)×265.5(奥行き)×36(厚さ)ミリ
重量 約2.9キロ

世界初をうたうExpressカード型ワンセグチューナー

tm_0611i1501_05.jpg MonsterTV 1D Expressカード for DELLは、シャープ製のデジタルチューナーと着脱可能な2段式ホイップアンテナを採用する

 「MonsterTV 1D Expressカード for DELL」については、OEM元であるエスケイネットのデジタルプロダクツ推進室マネージャー、田野勉氏が解説した。同製品は、Expressカード54に対応したワンセグ放送対応のチューナーユニット。Expressカード型のワンセグチューナーユニットは世界初という。現在デルのみにOEM供給されているモデルで、11月7日からInspiron 1501とのセット販売が、11月15日から単体販売が開始される。価格はセット販売時で1万1000円、単体販売時で1万4800円だ。対応機種は、Inspiron 1501/640m/6400/1300、XPS M1210となっている。ソフトウェアのインストール時に機種情報を取得する仕様のため、対応機種以外に装着しても動作しないという。

 主な機能は、同社製のPCカード型ワンセグチューナーユニット「MonsterTV 1D」と同様だ。データ放送用ブラウザや番組録画、EPGでの番組ガイド表示、字幕表示などに対応している。現状で予約録画機能は非搭載だが、12月ごろのソフトウェア無償アップデートにより同機能が追加される予定。また、1月末以降にWindows Vista対応版の無償配布も計画中だ。

tm_0611i1501_06.jpgtm_0611i1501_07.jpgtm_0611i1501_08.jpg エスケイネットのデジタルプロダクツ推進室マネージャー田野勉氏(写真=左)。データ放送表示用のブラウザを搭載する(写真=中央)。Inspiron 1501で実際にワンセグ放送を表示した様子(写真=右)
MonsterTV 1D Expressカード for DELLの主なスペック
インターフェース Expressカードスロット(54)
受信チャンネル UHF 13〜62ch(ワンセグ放送)
音声 ステレオ(2カ国語対応)
画面表示サイズ 320×240ドット/480×360ドット/フルスクリーン
フレームレート 15フレーム/秒(放送内容に依存)
フォーマット 画像 H.264/音声 ACC LC
外形寸法 34(幅)×114(奥行き)×13(厚さ)ミリ
本体質量 26グラム
入出力端子 専用アンテナ×1
CPU Pentium III 1.0GHzと同等またはそれ以上
メインメモリ 256Mバイト以上(512Mバイト以上を推奨)
インターネット接続 データ放送時TV局のサーバアクセスに必要
CD-ROM ソフトウェアのインストール時に必要
対応OS Windows XP 日本語版(SP2)以降
対象機種 Inspiron 1501/640m/6400/1300、XPS M1210
価格 バンドル版1万1000円/単体販売1万4800円
販売開始日 バンドル版2006年11月7日/単体販売11月15日

Turion 64 X2の搭載をアピール

 Inspiron 1501が採用するAMD製CPUの紹介は、日本AMDマーケティング本部デスクトップ/モバイルプロダクトマーケティングの土居憲太郎氏が行った。同社の資料によると、85%以上のPCユーザーは6つ以上のアプリケーションを同時に利用しているという調査結果が出ており、マルチタスクの性能が求められているという。こうしたマルチタスク環境において、デュアルコアCPUのTurion 64 X2は最適だとアピールした。

tm_0611i1501_09.jpgtm_0611i1501_10.jpgtm_0611i1501_11.jpg 日本AMDマーケティング本部デスクトップ/モバイルプロダクトマーケティングの土居憲太郎氏(写真=左)。Inspiron 1501が採用するCPUのラインアップ(写真=中央)。省電力機能のPowerNow!がノートPCのバッテリー駆動時間延長と、発熱や騒音の低減を実現すると説明(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.