ニュース
» 2006年12月26日 11時51分 UPDATE

松下、0.3秒の高速認識が可能な虹彩認証カメラ「BM-ET200」

パナソニック システムソリューションズは、データ照合から認証まで0.3秒の高速認証を実現する虹彩認証カメラ「BM-ET200」を発売する。

[ITmedia]
photo BM-ET200

 松下電器産業 パナソニック システムソリューションズは12月26日、虹彩認証カメラ「BM-ET200」および管理ソフト「BM-ES200」を発表、2007年1月9日より発売する。価格はBM-ET200が31万5000円、BM-ES200が16万8000円(双方税込み)。

 BM-ET200は、カメラ内蔵のミラーを覗き込むことで利用者の目をスキャンし個人認証を行なう虹彩認証カメラ。独自の高速キャプチャーエンジンの搭載により、データの照合から認証まで約0.3秒と、従来モデル比で3倍となる高速認証を実現した。

 また、内蔵ミラーを両目で見やすいダブルミラー方式に改善したのも特徴で、利用者とカメラ間の前後距離を内蔵のインジケーターと音声ガイドによって誘導する機能も備えている。

 認証モードは2モード装備しており、本体のみで動作可能なスタンドアローンモードのほか、同時発売となる管理ソフトのBM-ES200と連動したネットワークモードも利用可能。認証可能人数はスタンドアローン時で最大50人。ネットワークモード時は最大1万25人/システム(1カメラあたり最大5025人)となるほか、最大256台のカメラを管理できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.