ニュース
» 2007年01月08日 12時00分 公開

週末アキバPickUP!:「何となく」行列ができていた年明けのアキバ (3/4)

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

“お堅い”イメージを覆すFOXCONNのグラフィックスカード

FOXCONN「FV-N79SM2D2-OC」

 昨年末にTSUKUMO eX.にFOXCONNのグラフィックスカード5モデルが入荷した。サーバーやワークステーション向けのイメージが強い同社だが、パッケージデザインを一新し、デザイン性の高いルックスになっている。また、同社のマスコットキャラクター「ふぉっくす紺子」ちゃんのイラストカードを封入するなど、ユニークな戦略をとっている。

 登場した製品はいずれもPCI Express x16対応で、NVIDIA系のGPUを搭載している。5モデルのうち最上位の「FV-N88SMBD2-ONOC」はGeForce 8800GTS、「FV-N79GM3D2-HPOC」はGeForce 7950GT、「FV-N79SM2D2-OC」はGeForce 7900GS、「FV-N76SM2DT」はGeForce 7600GS、最下位の「FV-N73EM2DT」はGeForce 7300LEを採用した。

 ふぉっくす紺子ちゃんは、狐の耳としっぽが付いた美少女系キャラで、12月に出回った同社の自作PCキット「ATX CUBE G965」で初登場した。今回入荷したグラフィックスカードには、全6枚(うち1枚はシークレット)のイラストカードがランダムで封入されている。

 入荷したTSUKUMO eX.は「紺子ちゃんは代理店さんが強くプッシュしていますね。入荷して間もないのでまだ売れていませんが、インパクトは十分にあるでしょう」とコメントしていた。

「FV-N73EM2DT」(写真=左)と、最も人気が出るとショップに予想されているGeForce 7600GS搭載の「FV-N76SM2DT」(写真=右)。耳としっぽと絶対領域を備えたふぉっくす紺子ちゃん(写真=中央)

 ちなみに、PCパーツベンダーのマスコットキャラクターといえば、ギガバイトの「ギガバイ子」ちゃんが有名だが、近いうちに姿を消すとの噂が流れている。

 某ショップは「ASUSTeKとの合同会社を設立するにあたり、ギガバイ子ちゃんを使ったマニュアルやグッズの製造を中止したようです。今後も在庫が出回ることはあるかもしれないですが、すでにレアな状況になっていますよ」と話す。

製品:FOXCONN「FV-N88SMBD2-ONOC」
入荷ショップ
TSUKUMO eX.6万8780円

製品:FOXCONN「FV-N79GM3D2-HPOC
入荷ショップ:
TSUKUMO eX.3万7779円
製品:FOXCONN「FV-N79SM2D2-OC
入荷ショップ:
TSUKUMO eX.2万5480円
製品:FOXCONN「FV-N76SM2DT
入荷ショップ:
TSUKUMO eX.1万3780円
製品:FOXCONN「FV-N73EM2DT
入荷ショップ:
TSUKUMO eX.8980円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう