ニュース
» 2007年01月08日 12時26分 UPDATE

2007 International CES:今年も出ましたっ!「こっ、これは?」なVAIO

ようやく開催「前」夜になった2007年のCES。ビル・ゲイツ氏の基調講演と並んで恒例の「Sony Press Conference」で、日本未発表のVAIOが登場した。

[長浜和也,ITmedia]

 ソニーが正式開幕前に展示ブースを紹介する「Sony Press Conference」では、これまでも、日本で未発表のVAIOがいくつか展示されている。2006年には「VAIO SZ」という名称で、利用するグラフィックスコアを切り替えるシステムを搭載したモデルが展示されていたが、これは後にVAIO type Sとなって日本でも登場している。このようにCESで展示したモデルが日本でも後日発表されるのが通例だ。

 そういう意味では、日本で発表される「2007年春モデル」を先取りしてみることができるかもしれない。CESで、まもなく登場するだろう「Windows Vista」搭載VAIOの方向性を占うことにもなるわけで、非常に興味深い。そういうわけで、いよいよ正式開幕「前」日となった現地時間の1月7日に、ソニーブースで確認されたVAIO「未発表」モデルを画像を中心とした速報で紹介しよう。詳細については正式開幕後に改めて掲載する予定だ。

kn_ces07sonyptzen.jpgkn_ces07sonyptmae.jpg なんといっても注目したいのが、この「白く」て「丸い」PCだ。え、PCなのっ!と会場でも質問が出たが、「Windows Vista」「Viiv」のロゴがPCであることを証明している

kn_ces07sonyptue.jpgkn_ces07sonyptpsp.jpg 「VAIO」のロゴがあるものの、上から見るとますますPCには見えない。PSPと並べた画像からも分かるように、サイズは意外とコンパクトだ

kn_ces07sonyptfif1.jpgkn_ces07sonyptfif2.jpgkn_ces07sonyptfif3.jpg 正面、というか「SONY」のロゴがある側には光学ドライブとフロントカバーで覆われたインタフェースパネルがある。カバーを「ぐっ」と押してスライドさせると、SDメモリーカードスロットにメモリースティックスロット、USB 2.0にi.LINKが姿を現した

kn_ces07sonyptbach.jpgkn_ces07sonyptkeyb.jpgkn_ces07sonyptrcon.jpg 背面側には通常のPCと同じように各種コネクタが用意されている。注目は通常のVGAのほかに「HDMI」対応出力が用意されていること。また、「INFRARED TRANSMITTER OUT」「WIRELESS LAN ANTENNA」といった興味深いインタフェースも確認された。ほかにもこのPCとデザインをそろえたと思われるキーボードとリモコンユニットも展示されている

kn_ces07sonyntnzen.jpgkn_ces07sonyntn2.jpg 日本では存在が確認されていない「VAIO N notebook」は、大画面液晶ディスプレイを搭載したオールインワンノートと思われる。板のような硬質でシャープなデザインが印象的だ

kn_ces07sonyntc1.jpgkn_ces07sonyntc2.jpgkn_ces07sonyntc3.jpgkn_ces07sonyntc4.jpg こちらも日本では見られない「VAIO C notebook」は、VAIO type Fのように多彩なバリエーションが特徴のようだ。無地のカラーバリエーションも展示されていたが、このようなパターンをもったカラフルなノートPCも用意されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.