ニュース
» 2007年01月16日 14時23分 UPDATE

2007年春 Vista搭載PC特集:よりパフォーマンスを強化した“使える”モバイル――VAIO Type S

2スピンドルモバイルノートPC「VAIO Type S」は従来同様の2モデルを用意。主にCPUとメモリのスペックが強化されている。

[ITmedia]

 VAIO type Sの店頭モデルは従来と同様の2製品を用意。上位の「VGN-SZ73B/B」、下位の「VGN-SZ53B/B」はともにCore 2 Duoを搭載(VGN-SZ73B/Bは2GHzのCore 2 Duo T7200、VGN-SZ53B/Bは1.66GHzの同T5500)し性能を強化したほか、下位モデルはメモリを1Gバイトに増やしている。搭載OSはVista Home Premium。グラフィックスシステムは従来と同様で、GeForce Go 7400 with TurboCacheとチップセット内蔵グラフィックスコアの切り替え利用が可能となっている。

og_vaiotypes_001.jpgog_vaiotypes_002.jpg スタンダードバージョン(写真=左)のほか、CTOではブラックバージョンを選択可能(写真=右)

 液晶ディスプレイは1280×800ドット表示対応の13.3インチクリアブラック。このほかMOTION EYEや指紋センサー、Felicaポートを標準で装備する。本体サイズは315(幅)×234.3(奥行き)×25.7〜37.1(高さ)、重さ約1.9キロ。バッテリ駆動時間はともに約5.5時間となっている。オフィススイートはOffice 2007 Personalがプリインストールされる。

 VAIOオーナーメイドモデルでは、CPUをCore 2 Duo T7600(2.33GHz)/同T7200(2GHz)/同 T5500(1.66GHz)、Celeron M 430(1.73GHz)から選択可能。メモリ容量を2Gバイト〜1Gバイト、HDD容量を200Gバイト〜60Gバイトで選べるほか、ヘッドセットや指紋センサー、Felicaポート/Bluetooth、MOTION EYE(カーボンブラックのみ)の有無なども選択可能となっている。

 発売予定日は1月30日。価格はオープンで、予想実売価格はVGN-SZ73B/Bが約25万円、VGN-SZ53B/Bが約22万円(税込み)。

VAIO type S店頭モデルの概要(その1)
タイプ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO type S VGN-SZ73B/B 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo T7200(2.0GHz) 1024MB 100GB Home Premium 25万円前後
VGN-SZ53B/B 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo T5500(1.66GHz) 1024MB 80GB Home Premium 22万円前後
VAIO type S店頭モデルの概要(その2)
タイプ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VAIO type S VGN-SZ73B/B 13.3インチワイド 1280×800 Intel 945GM 2層対応DVDスーパーマルチ GeForce Go 7400 約1.9キロ
VGN-SZ53B/B 13.3インチワイド 1280×800 Intel 945GM 2層対応DVDスーパーマルチ GeForce Go 7400 約1.9キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.