ニュース
» 2007年01月16日 16時39分 UPDATE

コレガ、MIMO搭載の11b/g無線LANアクセスポイント

コレガは、高速無線LAN技術“MIMO”に対応するオフィス向けのIEEE802.11b/g無線LANアクセスポイント「CG-WLAPGMH」を発売する。

[ITmedia]
photo CG-WLAPGMH

 コレガは1月16日、IEEE802.11b/g無線LANアクセスポイント「CG-WLAPGMH」を発表、1月下旬より発売する。価格は4万5990円(税込み)。

 CG-WLAPGMHは、オフィス向けモデルとなるIEEE802.11b/g対応の無線LANアクセスポイントで、複数のアンテナを用いた分割データ送受信により理論値最大126Mbpsの転送速度を実現する。

 セキュリティ機能としては、WEPのほかにWPA/WPA2 Enterprise、EAP-TLS証明書認証にも対応。MACアドレスによるフィルタリングやステルスAP機能も利用できる。有線ポートは10/100BASE-TXポートを5基装備しており、スイッチングハブとして機能する。本体サイズは198(幅)×1208(奥行き)×32(高さ)ミリ(アンテナ/突起部除く)、重量は400グラム(本体のみ)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.